主な医薬品とその作用【問026~030】

    【問026】

    カフェインに関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える効果がある。
    2. カフェインの血中濃度が最高血中濃度の半分に低減するのに要する時間は、 通常の成人と比べ、乳児では非常に長い。
    3. 安全使用の観点から留意すべき作用に、胃液の分泌を抑える作用がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問027】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に配合される成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. ジフェニドール塩酸塩は、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的として配合されている。
    2. スコポラミン臭化水素酸塩は、肝臓で徐々に代謝されるため、抗ヒスタミン成分と比べて作用持続時間が長い。
    3. 乗物酔いの発現には不安や緊張などの心理的な要因による影響も大きく、それらを和らげることを目的として、鎮静成分が配合されている場合がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問028】

    小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 配合される生薬成分は、いずれも古くから伝統的に用いられており、作用が穏やかで小さな子供に使っても副作用が無い。
    2. 漢方処方製剤としては、柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散、小建中湯等がある。
    3. ゴオウは、緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問029】

    鎮咳去痰薬に配合される成分とその主な作用・目的に関する次のa~dの記述について、 正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    (成分) (主な作用・目的)
    a コデインリン酸塩 痰の切れを良くする
    b クロルフェニラミンマレイン酸塩 ヒスタミンの働きを抑える
    c メチルエフェドリン塩酸塩 気管支を拡張させる
    d メチルシステイン塩酸塩 中枢神経系に作用して咳を抑える

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問030】

    鎮咳去痰薬に配合される生薬成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. マオウは、交感神経系への刺激作用によって、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を 受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。
    2. ナンテンジツは、知覚神経・末梢運動神経に作用して咳止めに効果があるとされる。
    3. セネガは、糖尿病の検査値に影響を生じることがあり、1日最大配合量がセネガ原生薬として1.2g以上を含有する製品では、使用上の注意において成分及び分量に関連する注意として記載されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)