主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問021】

    かぜ薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. トラネキサム酸は、体内での起炎物質の産生を抑制することで炎症の発生を抑え、腫れを和らげる。
    2. ブロメラインは、タンパク質分解酵素であり、まれに血痰や鼻血などの出血性の副作用を生じることがある。
    3. プソイドエフェドリン塩酸塩はアドレナリン拮抗成分であり、鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる。
    4. グリチルリチン酸は、化学構造がモルヒネ骨格に類似していることから、鎮咳作用を示すと考えられている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問022】

    かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 小柴胡湯は、まれに重篤な副作用として間質性肺炎、肝機能障害を生じることが知られている。
    2. 小青竜湯は、体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、 感冒等に適すとされている。
    3. 香蘇散は、構成生薬としてカンゾウを含まない。
    4. 葛根湯は、体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適すとされている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問023】

    解熱鎮痛薬とその有効成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. アスピリン(アスピリンアルミニウムを含む。)は、胎児や出産時の母体への影響を考慮して、出産予定日の14日前から服用を中止する。
    2. イソプロピルアンチピリンは非ピリン系解熱鎮痛成分であるため、ピリン系解熱鎮痛成分の副作用に代表されるピリン疹が生じることはない。
    3. イブプロフェンは一般用医薬品において、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も使用してはならない。
    4. アセトアミノフェンは主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問024】

    解熱鎮痛薬に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    解熱鎮痛薬の有効成分によりプロスタグランジンの産生が抑制されると、胃酸分泌が( a )するとともに 胃壁の血流量が( b )して、胃粘膜障害を起こしやすくなる。そうした胃への悪影響を軽減するため、 なるべく( c )を避けて服用することとなっている場合が多い。

    No a b c
    1 増加 増加 空腹時
    2 低下 低下 食後
    3 増加 増加 食後
    4 低下 増加 空腹時
    5 増加 低下 空腹時

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問025】

    解熱鎮痛薬と頭痛に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 頭痛が頻繁に出現して24時間以上続く場合は、自己治療で対処できる範囲を超えていると判断される。
    2. 解熱鎮痛薬は、頭痛の症状が現れないうちから予防的に服用することが適切である。
    3. 解熱鎮痛薬の連用により頭痛が常態化することがあるので注意を要する。
    4. 解熱鎮痛薬を使用したときは症状が治まるものの、しばらくすると頭痛が再発し、解熱鎮痛薬が 常時手放せないような場合には、薬物依存が形成されている可能性も考えられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)