主な医薬品とその作用【問026~030】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問026】

    眠気を促す薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、睡眠改善薬として一時的な睡眠障害(寝つきが悪い、 眠りが浅い)の緩和に用いられるものであり、慢性的に不眠症状がある人や、医療機関において不眠症の診断を受けている人を対象とするものではない。
    2. アリルイソプロピルアセチル尿素は、脳の興奮を抑え、痛覚を鈍くする作用があり、少量でも眠気を催しやすい。
    3. 体力中等度以上で精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う高血圧の随伴症状(動悸、不安、 不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき、便秘に適する漢方処方製剤として麻黄湯がある。
    4. ジフェンヒドラミン塩酸塩は、睡眠改善薬として、15歳未満の小児にも安心して使用できる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問027】

    カフェインに関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. カフェインには、心筋を興奮させる作用もあり、副作用として動悸が現れることがある。
    2. カフェインは、作用が弱いため、反復摂取により依存を形成することはない。
    3. 眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量はカフェインとして200mg、1日摂取量は500mgが上限とされている。
    4. 授乳中の女性が大量のカフェインを摂取したり、カフェインを連用したりした場合には、乳児の体内に カフェインが蓄積して、頻脈や不眠等を引き起こす可能性がある。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問028】

    小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)及びその配合生薬等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. レイヨウカクは、ウシ科のサイカレイヨウ(高鼻レイヨウ)等の角を基原とする生薬で、緊張や興奮を鎮める作用等を期待して用いられる。
    2. 小児鎮静薬を一定期間又は一定回数服用させても症状の改善がみられない場合は、その他の原因(例えば、食事アレルギーや ウイルス性胃腸炎など)に起因する可能性も考えられるので、漫然と使用を継続せず医療機関を受診させるなどの対応が必要である。
    3. 小児鎮静薬は、症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多い。
    4. ジンコウは、ジンチョウゲ科のジンコウ、その他同属植物の材、特にその辺材の材質中に黒色の 樹脂が沈着した部分を採取したものを基原とする生薬で、鎮静、健胃、強壮などの作用を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問029】

    呼吸器官に作用する薬及びその配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩は胃腸の運動を低下させる作用も示し、副作用として便秘が現れることがある。
    2. マオウ(マオウ科のマオウ、チュウマオウ又はエフェドラ・エクイセチナの地上茎を基原とする生薬)は、気管支拡張のほか、発汗抑制、尿量減少等の作用も示す。
    3. 中枢性の鎮咳作用を示す生薬成分として、ハンゲ(サトイモ科のカラスビシャクのコルク層を除いた塊茎を基原とする生薬)が配合されている場合もある。
    4. 口腔咽喉薬の効果を兼ねた鎮咳去痰薬のトローチ剤やドロップ剤では、セチルピリジニウム塩化物等 の殺菌消毒成分が配合されている場合がある。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問030】

    鎮咳去痰薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 気管支の平滑筋に直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させる成分として、ジプロフィリンがある。
    2. コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩は、妊娠中に摂取された場合、吸収された成分の 一部が血液-胎盤関門を通過して胎児へ移行することが知られている。
    3. キョウニンはオオバコ科のオオバコの花期の全草を基原とする生薬で、去痰作用を期待して用いられる。
    4. 甘草湯のエキス製剤は乳幼児にも使用されることがあるが、その場合、体格の個人差から体重 あたりのグリチルリチン酸の摂取量が多くなることがあり、特に留意される必要がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)