主な医薬品とその作用【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問031】

    次の記述は、口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)の配合成分等に関するものである。
    正しいものの組み合わせはどれか。

    1. アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して配合されている。
    2. ウイキョウは、咽頭の粘膜に付着したアレルゲンによる喉の不快感等の症状を鎮めることを目的として配合される。
    3. ポビドンヨードは、口腔内や喉に付着した細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられる。
    4. グリセリンは、咽頭粘膜をひきしめる(収斂)作用のほか、抗菌作用がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問032】

    次の1~5で示される成分等のうち、中和反応によって胃酸の働きを弱めること(制酸)を目的 として、配合されるものはどれか。

    1. 合成ヒドロタルサイト
    2. ウルソデオキシコール酸
    3. ピレンゼピン塩酸塩??
    4. ジメチルポリシロキサン
    5. ゲンチアナ

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問033】

    大腸刺激性瀉下成分等に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか

    1. センナ中に存在するセンノシドは、大腸に生息する腸内細菌によって分解され、分解生成物が大腸を 刺激して瀉下作用をもたらすと考えられている。??
    2. 構成生薬にダイオウを含む漢方処方製剤では、瀉下作用の増強を生じて、腹痛、激しい腹痛を 伴う下痢等の副作用が現れやすくなるため、瀉下薬の併用に注意する必要がある。
    3. ビサコジルは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する目的で用いられる。
    4. アロエは、センノシドに類似の物質を含むため、大腸刺激による瀉下作用を期待して配合される。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問034】

    腸の不調に対する受診勧奨に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品の使用中に原因が明確でない下痢や便秘を生じた場合は、安易に止瀉薬や瀉下薬によって 症状を抑えようとせず、その医薬品の使用を中止して、医師や薬剤師等の専門家に相談するよう説明するべきである。
    2. 瀉下薬が手放せなくなっているような慢性の便秘については、漫然と継続使用するよりも、 医師の診療を受ける等の対応が必要である。
    3. 過敏性腸症候群の便通障害のように下痢と便秘が繰り返し現れるものもあり、症状が長引くような場合には、医師の診療を受ける等の対応が必要である。
    4. 下痢に発熱を伴う場合は、食中毒菌等による腸内感染症の可能性があるため、安易に止瀉薬を用いて 症状を一時的に鎮めようとするのでなく、早期に医療機関を受診して原因の特定、治療がなされるべきである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問035】

    第1欄の記述は、胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分に関するものである。第1欄の記述に該当する配合 成分として正しいものは第2欄のどれか。

    第1欄
    消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すとされる。抗コリン成分と異なり、胃液分泌を抑える作用 は見出されない。

      第2欄

    1. ロートエキス
    2. ジサイクロミン塩酸塩
    3. オキセサゼイン
    4. パパベリン塩酸塩
    5. オキシフェンサイクリミン塩酸塩

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)