主な医薬品とその作用【問026~030】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問026】

    次の記述は、小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関するもの である。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 保護者側の安眠を図ることを優先して使用することが適当である。
    2. 症状の原因となる体質の改善を主眼としているものが多く、比較的長期間(1ヶ月位)継続して服用されることがある。
    3. 鎮静作用のほか、血液の循環を抑制させる作用があるとされる生薬成分を中心に配合されている。
    4. 主な漢方処方製剤としては、柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散や小建中湯がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問027】

    鎮咳去痰薬の代表的な配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. チペピジンヒベンズ酸塩は、延髄の咳嗽中枢に作用して咳を抑える成分である。
    2. ジメモルファンリン酸塩は、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。
    3. コデインリン酸塩は、胃腸の運動を低下させる作用を示し、副作用として便秘が現れることがある。
    4. デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は、主にトローチ剤・ドロップ剤に配合される 鎮咳成分である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問028】

    次の1~5で示される気管支に作用する成分等のうち、自律神経系を介さずに気管支の平滑筋に 直接作用して弛緩させ、気管支を拡張させるものはどれか。

    1. マオウ
    2. ジプロフィリン
    3. トリメトキノール塩酸塩
    4. メチルエフェドリン塩酸塩
    5. メトキシフェナミン塩酸塩

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問029】

    鎮咳去痰薬として用いる漢方処方製剤に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 神秘湯は、体力中等度あるいはそれ以上で、咳、喘鳴、息苦しさがあり、痰が少ないものの小児喘息、気管支喘息、気管支炎に用いられる。
    2. 甘草湯は、短期間の服用に止め、連用しないこととされている。
    3. 麦門冬湯は、まれに重篤な副作用として間質性肺炎、肝機能障害を生じることが知られている。
    4. 柴朴湯は、むくみの症状のある人に適すとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問030】

    口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

    1. 口腔咽喉薬には、鎮咳成分や気管支拡張成分は配合されず、去痰成分が配合されている。
    2. トローチ剤やドロップ剤は、噛み砕いて飲み込むことにより一層効果が期待できる。
    3. 口腔咽喉薬・含嗽薬は、口腔内や咽頭における局所的な作用を目的とする医薬品であり、全身的な 影響を生じることはない。
    4. 含嗽薬を用いる場合、顔を上向きにして咽頭の奥まで薬液が行き渡るようにガラガラを繰り返 してから吐き出し、それを数回繰り返すのが効果的なうがいの仕方とされる。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)