医薬品に共通する特性と基本的な知識【問011~015】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問011】

    医薬品と食品との飲み合わせに関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 酒類(アルコール)をよく摂取する者では、肝臓の代謝機能が高まっているため、ニトログリセリン(舌下錠)では、通常より も代謝されやすくなり、十分な薬効が得られなくなる。
    2. 医薬品の代謝によって産生する物質(代謝産物)には、薬効があるものはない。
    3. 総合感冒薬とコーヒーを一緒に服用すると、カフェインの過剰摂取となる場合がある。
    4. 生薬には、食品として流通可能なものもあり、そうした食品をあわせて摂取すると、生薬成分が 配合された医薬品の効き目や副作用を増強させることがある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問012】

    乳児又は小児の医薬品の使用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が相対的に低い。
    2. 小児は、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しにくいため、中枢神経系に影響を与える医薬品の副作用が起こりにくい。
    3. 小児の誤飲・誤用事故を未然に防止するには、家庭内において、小児が容易に手に取れる場所や、小児の 目につく場所に医薬品を置かないようにすることが重要である。
    4. 乳児向けの用法用量が設定されている医薬品であっても、乳児は医薬品の影響を受けやすく、また、 状態が急変しやすいため、一般用医薬品の使用の適否が見極めにくい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問013】

    高齢者の医薬品の使用等に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 高齢者は、医薬品の副作用で口渇を生じた場合、誤嚥(食べ物等が誤って気管に入り込むこと)を誘発しやすくなる。
    2. 生理機能が衰えている高齢者であっても、一般用医薬品については、基本的には、定められた用量の範囲内で使用することが望ましい。
    3. 高齢者であっても基礎体力や生理機能の衰えの度合いは個人差が大きく、年齢のみから一概にどの 程度副作用を生じるリスクが増大しているかを判断することは難しい。
    4. 高齢者は、持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の 症状が悪化する場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問014】

    妊婦、妊娠していると思われる女性又は母乳を与える女性に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 便秘薬には、配合成分やその用量によっては流産や早産を誘発するおそれがあるものがある。
    2. 医薬品の種類によっては、授乳婦が使用した医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが知られている。
    3. ビタミンA含有製剤は、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると、胎児に先天異常を起こす危険性が高まるとされている。
    4. 母体が医薬品を使用した場合には、血液-胎盤関門によって、医薬品の成分の胎児への移行はすべて防御される。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問015】

    プラセボ効果に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用を生じることをプラセボ効果(偽薬効果)という。
    2. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化には、望ましいもの(効果)と不都合なもの(副作用)とがある。
    3. プラセボ効果は不確実であり、それを目的として医薬品が使用されるべきではない。
    4. プラセボ効果は、時間経過による自然発生的な変化(自然緩解など)は関与していないと考えられている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)