医薬品に共通する特性と基本的な知識【問006~010】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問006】

    医薬品の作用と副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品の副作用は、薬理作用による副作用とアレルギー(過敏反応)に大別することができる。
    2. 通常、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、別の疾病の治療を妨げることはない。
    3. 薬という物質(薬物)が生体の生理機能に影響を与えることを薬理作用という。
    4. 世界保健機関の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の 機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」とされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問007】

    医薬品によるアレルギー(過敏反応)に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している 状態などの場合には、思わぬアレルギーを生じることがある。
    2. アレルギーは、内服薬で引き起こされることはあるが、外用薬で引き起こされることはない。
    3. アレルギーは、医薬品の有効成分により引き起こされるものであり、薬理作用がない添加物により引き起こされることはない。
    4. アレルギーには遺伝的な要素があり、近い親族にアレルギー体質の人がいる場合には、注意が必要である。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問008】

    副作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 副作用とは、日常生活に支障を来す程度の健康被害を生じる重大なものをいい、眠気や口渇等の比較的よく見られるものは含まない。
    2. 一般用医薬品の場合は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。
    3. 一般用医薬品を継続して使用する場合には、特段の異常が感じられなくても定期的に検診を受ける よう、医薬品の販売等に従事する専門家から購入者等に促していくことも重要である。
    4. 副作用の重篤化を回避するためには、医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識することが重要となる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問009】

    医薬品の不適正な使用と有害事象に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品は、その目的とする効果に対して副作用が生じる危険性が最小限となるよう、使用する量や使い方が定められている。
    2. 医薬品の乱用が繰り返されると、慢性的な臓器障害等を生じるおそれがある。
    3. 適正な使用がなされる限りは安全かつ有効な医薬品であっても、乱用された場合には薬物依存を生じることがある。
    4. 小児への用量が定められていない医薬品を小児に使用する場合であっても、大人用の医薬品を半分 にして飲ませれば、有害事象につながる危険性はない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問010】

    医薬品の相互作用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 相互作用は、医薬品が吸収、代謝、分布又は排泄される過程で起こるものであり、医薬品が薬理作用をもたらす部位では起こらない。
    2. 相互作用を回避するには、通常、ある医薬品を使用している期間のみ、その医薬品との相互作用を 生じるおそれのある医薬品や食品の摂取を控えればよい。
    3. 一般用医薬品は、単一の成分のみを含んでいることが多く、他の医薬品と併用しても、作用が強く 出過ぎる危険性は少ない。
    4. 相互作用のリスクを減らす観点から、緩和を図りたい症状が明確である場合には、なるべくその 症状に合った成分のみが配合された医薬品が選択されることが望ましい。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)