医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問001】

    医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっている。
    2. 効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するものである。
    3. 人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品であり、使用に際して保健衛生上のリスクを伴わないものである。
    4. 殺虫剤の中には誤って人体がそれに曝されれば健康を害するおそれがあるものもある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問002】

    医薬品の不適正な使用に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 医薬品の不適正な使用を繰り返すことによって慢性的な臓器障害等を生じるおそれがある。
    2. 経口液剤は、有効成分の血中濃度が上昇しやすいことから、乱用を防ぐために習慣性や依存性がある成分は、配合されていない。
    3. 定められた用量を守って医薬品を服用しても、みだりに他の医薬品や酒類と一緒に摂取することは、適正な使用とはいえない。
    4. 一般用医薬品は、購入者の誤解や認識不足のために適正に使用されないことがある。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問003】

    医薬品の投与量と効果又は毒性の関係に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 少量の医薬品の投与でも発がん作用、胎児毒性や組織・臓器の機能不全を生じる場合がある。
    2. 薬物用量を増加させるに伴い、効果の発現が検出されない「最小有効量」から、「治療量」に至る。
    3. 治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する「中毒量」となる。
    4. 50%致死量(LD50)は薬物の毒性の指標として用いられる。

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問004】

    免疫及びアレルギー(過敏反応)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 免疫は、本来、細菌やウイルスなどが人体に取り込まれたとき、人体を防御するために生じる反応である。
    2. 医薬品の有効成分だけでなく、基本的に薬理作用がない添加物も、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)となり得る。
    3. 普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになりやすくなり、思わぬアレルギーを生じることがある。
    4. アレルギーには遺伝的な要素もあるので、普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、近い親族にアレルギー体質の人がいる場合には、注意が必要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問005】

    医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 適正な使用がなされる限りは安全かつ有効な医薬品であっても、不適正な使用により薬物依存が生じることがあり、一度、薬物依存が形成されると、そこから離脱することは容易ではない。
    2. 医薬品には、製造販売後の調査及び試験の実施の基準としてGood Laboratory Practice(GLP)が制定されている。
    3. 医薬品を使用した場合には、期待される有益な反応(主作用)以外の反応が現れることがある。特段の不都合を生じないものであれば、通常、副作用として扱われることはないが、好ましくないもの(有害事象)については一般に副作用という。
    4. 一般用医薬品を使用することによって慢性疾患の症状が悪化したり、その治療が妨げられたりすることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)