薬事に関する法規と制度【問006~010】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問006】

    次のうち、化粧品の効能効果の範囲として、正しいものはどれか。

    1. くせ毛、ちぢれ毛又はウェーブ毛髪をのばし、保つ
    2. 皮膚の清浄、殺菌、消毒
    3. 日やけを防ぐ
    4. わきが(腋臭)、皮膚汗臭、制汗

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問007】

    食品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 食品とは、医薬品及び医薬部外品以外のすべての飲食物をいう。
    2. 特定保健用食品は、内閣総理大臣から特定の保健の用途に資する旨の表示の許可等を受けたものであり、消費者庁の許可等のマークが付されている。
    3. 栄養機能食品における栄養成分の機能表示に関しては、消費者庁長官の許可を要さない。
    4. 特別用途食品、栄養機能食品、機能性表示食品を総称して「保健機能食品」という。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問008】

    医薬部外品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止のために使用される物は、医薬部外品から除かれている。
    2. 医薬部外品を製造販売する場合には、厚生労働大臣が基準を定めて指定するものを除き、品目ごとの承認は不要である。
    3. 医薬部外品を販売する場合には、販売業の許可は不要である。
    4. 医薬部外品は、直接の容器又は直接の被包に、「医薬部外品」の文字の表示は不要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問009】

    薬局に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 調剤を実施する薬局は、医療法における医療提供施設として位置づけられている。
    2. 薬局に勤務する登録販売者は、要指導医薬品の販売等において、購入者等への情報提供や相談対応を行うことができる。
    3. 病院又は診療所の調剤所は、薬局として開設の許可を受けなければ、薬局の名称を付してはならない。
    4. 薬局開設者が薬剤師でないときは、その薬局で薬事に関する実務に従事する薬剤師のうちから管理者を指定して実地に管理させなければならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問010】

    店舗販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 店舗に従事する薬剤師は、医薬品をあらかじめ小分けし、販売することができる。
    2. 医薬品医療機器等法第28条第2項において、「店舗管理者は、厚生労働省令で定めるところに より、薬剤師又は登録販売者でなければならない」とされている。
    3. 店舗販売業の許可は、5年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。
    4. 要指導医薬品を販売し、授与する店舗において、一定の条件を満たす場合には、その店舗において 医薬品の販売又は授与に関する業務に従事する登録販売者を店舗管理者とすることができる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)