医薬品に共通する特性と基本的な知識【問016~020】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問016】

    販売時のコミュニケーションに関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 購入者が、自分自身や家族の健康に対する責任感を持ち、適切な医薬品を選択して、適正に使用しようとするよう、働きかけていくことが重要である。
    2. 一般用医薬品の場合、必ずしも情報提供を受けた当人が医薬品を使用するとは限らないことを踏まえ、販売時のコミュニケーションを考える必要がある。
    3. 購入者に対し、正確な情報提供を行うため、説明した内容が購入者にどう理解され、行動に反映 されているか等の実情を把握することなく、添付文書や製品表示に記載された内容どおりに専門用語を用いて説明することが適切である。
    4. 情報提供を受ける購入者が医薬品を使用する本人で、かつ、現に症状がある場合には、言葉による コミュニケーションから得られる情報のほか、その人の状態や様子全般から得られる情報も、状況把握につながる 重要な手がかりとなる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問017】

    以下のサリドマイドに関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    サリドマイドは、妊娠している女性が摂取した場合、( a )を通過して胎児に移行する。
     サリドマイド訴訟は、( b )等として販売されたサリドマイド製剤を妊娠している女性が使用 したことにより、出生児に四肢欠損、耳の障害等の先天異常(サリドマイド胎芽症)が発生したことに対する 損害賠償訴訟である。
     サリドマイドによる薬害事件は、我が国のみならず世界的にも問題となったため、WHO加盟国を中心に( c )の副作用 情報の収集の重要性が改めて認識され、各国における副作用情報の収集体制の整備が図られることとなった。

    No a b c
    1 血液脳関門 解熱鎮痛剤 市販前
    2 血液胎盤関門 解熱鎮痛剤 市販後
    3 血液胎盤関門 催眠鎮静剤 市販前
    4 血液胎盤関門 催眠鎮静剤 市販後
    5 血液脳関門 催眠鎮静剤 市販後

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問018】

    次の記述は、キノホルム製剤とスモン訴訟に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. スモン訴訟とは、解熱鎮痛薬として販売されたキノホルム製剤を使用したことにより、亜急性脊髄 視神経症(スモン)に罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. キノホルム製剤は、一般用医薬品として販売されたことはない。
    3. スモン患者に対しては、治療研究施設の整備、治療法の開発調査研究の推進、施術費及び医療費 の自己負担分の公費負担、世帯厚生資金貸付による生活資金の貸付、重症患者に対する介護事業が講じられている。
    4. スモン訴訟をひとつの契機として、医薬品の副作用による健康被害の迅速な救済を図るため、 医薬品副作用被害救済制度が創設された。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問019】

    HIV訴訟に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 血友病患者が、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が混入した原料血漿から製造された血液凝固因子 製剤の投与を受けたことにより、HIVに感染したことに対する損害賠償訴訟である。
    2. 国及び製薬企業を被告として、1989年5月に大阪地裁、同年10月に東京地裁で提訴され、未だ和解に至っていない。
    3. HIV訴訟を契機に、血液製剤の安全確保対策として、検査や献血時の問診の充実が図られた。
    4. 国は、HIV感染者に対する恒久対策として、エイズ治療研究開発センター及び拠点病院の整備 や治療薬の早期提供等の様々な取り組みを推進してきている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問020】

    クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)とその訴訟に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. CJDは、ウイルスの一種であるプリオンが脳の組織に感染することによって発症する。
    2. CJDは、次第に認知症に類似した症状が現れ、死に至る重篤な神経難病である。
    3. CJD訴訟は、脳外科手術等に用いられたヒト乾燥硬膜を介してCJDに罹患したことに対する損害賠償訴訟である。
    4. CJD訴訟は、生物由来製品による感染等被害救済制度が創設される契機のひとつとなった。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成29年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)