医薬品の適正使用と安全対策【問101~105】

    【問101】

    医薬品の適正使用情報に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 要指導医薬品又は一般用医薬品の添付文書は、一般の生活者に理解しやすい平易な表現で 記載されているが、その内容は一般的・網羅的なものとならざるをえない。
    2. 医薬品の販売等に従事する専門家においては、購入者等への情報提供及び相談対応を行う際に、 添付文書や製品表示に記載されている内容を理解する必要はない。
    3. 医薬品は、効能・効果、用法・用量、起こり得る副作用等、その適正な使用のために必要な 情報(適正使用情報)を伴って初めて医薬品としての機能を発揮するものである。
    4. 一般用医薬品は、薬剤師、登録販売者その他の医薬関係者から提供された情報に基づき、一般の生活者が購入し、自己の判断で使用するものである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問102】

    一般用医薬品の添付文書における使用上の注意に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 「してはいけないこと」、「相談すること」及び「受診すること」から構成され、それぞれ統一された標識的マークがついている。
    2. 「してはいけないこと」には、守らないと症状が悪化する事項、副作用又は事故等が起こりやすくなる事項について記載されている。
    3. 「してはいけないこと」の「次の部位には使用しないこと」の項には、使用を避けるべき患部の状態、適用部位等に分けて、簡潔に記載されている。
    4. 「相談すること」の「次の症状のある人」の項には、医薬品の軽率な使用により、状態の悪化や副作用を招きやすい症状について記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問103】

    一般用医薬品の添付文書における使用上の注意の記載に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 使用上の注意には、「服用前後は飲酒しないこと」など、小児では通常当てはまらない内容 もあるが、小児に使用される医薬品においても、その医薬品の配合成分に基づく一般的な注意事項として記載されているものがある。
    2. 小児が使用した場合に特異的な有害作用のおそれがある成分を含有する医薬品では、通常、「次の人 は使用(服用)しないこと」の項に「15歳未満の小児」、「6歳未満の小児」等と記載されている。
    3. 摂取した医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが知られているが、「してはいけないこと」の 項で「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること」として記載するほどではない 場合、「相談すること」の項に「授乳中の人」と記載されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問104】

    次の記述は、一般用医薬品の添付文書の副作用の記載に関するものである。(  )にあてはまる 字句として、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    副作用については、まず一般的な副作用について( a )に症状が記載され、そのあとに続けて、( b )発生 する重篤な副作用について( c )に症状が記載されている。

    No a b c
    1 発現部位別 連用により 副作用名ごと
    2 発現部位別 まれに 副作用名ごと
    3 副作用名ごと 連用により 発現部位別
    4 副作用名ごと 高頻度に 発現部位別
    5 副作用名ごに まれに 発現部位別

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問105】

    一般用医薬品の添付文書における使用上の注意「相談すること」に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 各医薬品の薬理作用等から発現が予測され、容認される軽微な症状(例えば、抗ヒスタミン薬の 眠気等)であるが、症状の持続又は増強がみられた場合には、いったん使用を中止した上で専門家に相談する旨が記載されている。
    2. 漢方処方製剤においては、長期連用する場合、医薬品の販売等に従事する専門家に相談する旨が 記載されている。本記載がない漢方処方製剤は、短期の使用に限られるものである。
    3. 一般用検査薬では、検査結果が陰性であっても何らかの症状がある場合は、再検査するか又は 医師に相談する旨等が記載されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)