医薬品の適正使用と安全対策【問111~115】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問111】

    PMDAに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品副作用被害救済給付を受けようとする者は、PMDAに請求する。
    2. PMDAは、血友病の治療のために血液製剤投与をうけ、HIVに感染した者に対し、健康管理費用を支給している。
    3. 医薬品副作用被害救済制度の事務費用は、全て医薬品の製造販売業者の拠出金から賄われている。
    4. PMDAは、医薬品の市販後も収集された副作用情報等を調査検討している。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問112】

    企業からの副作用等の報告制度(再審査制度)に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    一般用医薬品において、市販後の安全対策につなげるため、製造販売業者等には承認後の調査が求められている。 具体的には、既存の医薬品と明らかに異なる有効成分が配合されたものについては( a )を超えない範囲で 厚生労働大臣が承認時に定める一定期間、承認後の使用成績等を製造販売業者等が集積し、( b )へ提出することになっている。

    No a b
    1 15年 厚生労働省
    2 10年 都道府県
    3 10年 厚生労働省
    4 6年 都道府県
    5 6年 厚生労働省

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問113】

    医薬品の適正使用情報に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    ( a )または一般用医薬品は、薬剤師、登録販売者その他の医薬関係者から提供された情報に基づき、 一般の生活者が購入し、( b )の判断で使用するものであるため、添付文書や製品表示に記載されている 適正使用情報は、その適切な選択、適正な使用を図る上で重要である。

    No a b
    1 医療用医薬品 薬剤師
    2 医療用医薬品 自己
    3 要指導医薬品 自己
    4 要指導医薬品 薬剤師

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問114】

    一般用医薬品の添付文書に記載すべき事項の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 販売名、薬効名及びびリスク区分(人体に直接使用しない検査薬では「販売名及び使用目的」)
    2. 添付文書の必読及び保管に関する事項
    3. 製品の特徴
    4. 改訂年月
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問115】

    医薬品の使用上の注意における、高齢者のおよその年齢の目安として、正しいものはどれか。

    1. 80歳以上
    2. 75歳以上
    3. 70歳以上
    4. 65歳以上
    5. 60歳以上

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)