医薬品の適正使用と安全対策【問101~105】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問101】

    医薬品の適正使用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 治療のために処方された医薬品の使用を自己判断で控えることは適当でない。
    2. 小児は好奇心が強く、すぐ手を出して口の中に入れることがあるため、小児が医薬品と認識できない 容器へ移し替えて保管することが望ましい。
    3. 局所に適用する医薬品は、患部の状態によっては症状を悪化させたり、誤った部位に使用すると有害事象を生じたりするおそれがある。
    4. 可燃性ガスを噴射剤としているエアゾール製品等、危険物に該当する製品における消防法に基づく 注意事項については、添付文書において「使用上の注意」として記載されている。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問102】

    一般用医薬品の副作用及びその添付文書における記載に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 重篤な副作用については、入院相当以上の健康被害につながるおそれがあるものであり、その初期段階において速やかに医師の診療を受ける必要がある。
    2. 一般的な副作用については、そのまま使用を継続しても、状態の悪化を招いたり、回復が遅れたりするおそれはない。
    3. 一般的な副作用として記載されている症状であっても、発疹や発赤などのように、重篤な副作用の初期症状である可能性があるものも含まれている。
    4. まず、まれに発生する重篤な副作用について発現部位別に症状が記載され、そのあとに続けて、一般的な副作用について副作用名ごとに症状が記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問103】

    一般用医薬品の添付文書における記載事項に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 「効能又は効果」には、一般の生活者が自ら判断できる症状、用途等が示されている。なお、「適応症」として記載されている場合もある。
    2. 「製造販売業者の名称及び所在地」には、製造業者の名称及び所在地を記載してもよい。
    3. 「成分及び分量」には、年齢区分、1回用量、1日の使用回数等について一般の生活者に分かりやすく、表形式で示されるなど工夫して記載されている。
    4. 「病気の予防・症状の改善につながる事項」として、その医薬品の適用となる症状等に関連して、 医薬品の使用のみに頼ることなく、日常生活上、どのようなことに心がけるべきかなど、症状の予防・改善につながる 事項について一般の生活者に分かりやすく記載されていることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問104】

    一般用医薬品の製品表示に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 医薬品によっては添付文書の形でなく、医薬品医療機器等法第52条の規定に基づく「用法、用量その他使用及び取扱い上必要な注意」等の記載を、外箱等に行っている場合がある。
    2. 開封しなくても剤形が分かるように、剤形の色や形を外箱に表示しなければならない。
    3. 使用期限の表示については、適切な保存条件の下で製造後3年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において、法的な表示義務はない。
    4. 1回服用量中0.1mLを超えるアルコールを含有する内服液剤(滋養強壮を目的とするもの)については、 例えば「アルコール含有○○mL以下」のように、アルコールを含有する旨及びその分量が記載されている。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問105】

    一般用医薬品の添付文書に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品を使用する人に、その製品の概要を分かりやすく説明することを目的として、製品の特徴が記載されている。
    2. 使用上の注意は、「効能及び効果」、「成分及び分量」及び「その他の注意」から構成され、適正使用のために重要と考えられる項目が前段に記載されている。
    3. 薬効名とは、その医薬品の薬効又は性質(例えば、主たる有効成分など)が簡潔な分かりやすい表現で示されたものである。
    4. 添付文書の内容が変更された場合には、必ず改訂年月を記載するとともに改訂された箇所を明示することとされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)