医薬品の適正使用と安全対策【問106~110】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問106】

    一般用医薬品(一般用検査薬を除く。)の添付文書に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 「効能又は効果」には、一般の生活者が自ら判断できる症状、用途等が示されている。
    2. 「用法及び用量」には、年齢区分、1回用量、1日の使用回数等について一般の生活者に分かりやすく、表形 式で示されるなど工夫して記載されている。
    3. 「消費者相談窓口」には、製造販売元の製薬企業において購入者等からの相談に応じるための窓口 担当部門の名称、電話番号、受付時間等が記載されている。
    4. 「保管及び取扱い上の注意」には、医薬品を旅行や勤め先等へ携行する場合、別の容器に移すことが あるため、「携行時には他の容器に入れ替えて保管すること」と記載されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問107】

    医薬品の製品表示に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 専門家への相談勧奨に関する事項については、記載スペースが狭く小さい場合には、「使用が適 さない場合があるので、使用前には必ず医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください」等と記載されている。
    2. 1回服用量中0.01 mL のアルコールを含有する内服液剤(滋養強壮を目的とするもの)については、 アルコールを含有する旨及びその分量が記載されている。
    3. 使用期限の表示については、適切な保存条件の下で製造後2年を超えて性状及び品質が安定であることが確認されている医薬品において法的な表示義務はない。
    4. 表示された「使用期限」は、未開封状態で保管された場合に品質が保持される期限である。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問108】

    医薬品等に係る安全性情報に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 緊急安全性情報は、医療用医薬品や医家向け医療機器について情報提供するためのものであり、一般用医薬品に関係する情報が発出されることはない。
    2. 緊急安全性情報は、A4サイズの青色地の印刷物で、ブルーレターとも呼ばれる。
    3. 安全性速報は、医薬品、医療機器又は再生医療等製品について、一般的な使用上の注意の改訂情報 よりも迅速な注意喚起が必要な場合、又は適正使用のための対応の注意喚起が必要な場合に作成される。
    4. 医薬品の製造販売業者は、医薬品の有効性及び安全性に関する事項その他医薬品の適正な使用の ために必要な情報を収集し、検討するとともに、薬局開設者、店舗販売業者、配置販売業者及びそこに従事する 薬剤師や登録販売者に対して、提供するよう努めなければならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問109】

    副作用情報等の収集に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 製造販売業者は、製造販売をし、又は承認を受けた医薬品について、その副作用等によるものと 疑われる健康被害の発生を知ったときは、その旨を定められた期限までに都道府県知事に報告することが義務づけられている。
    2. 薬局開設者、医療施設の開設者、医薬品の販売業者又は医師、歯科医師、薬剤師その他の医薬関係者 は、製造販売業者が行う情報収集に協力するよう努めなければならない。
    3. 登録販売者には医薬品・医療機器等安全性情報報告制度に基づく副作用等の報告義務はない。
    4. 血液製剤等の生物由来製品を製造販売する企業に対して、当該企業が製造販売する生物由来製品の 安全性について評価し、その成果を定期的に国へ報告する制度が導入されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問110】

    医薬品等による健康被害が疑われる場合の報告又は副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 無承認無許可医薬品又は健康食品によると疑われる健康被害については、(独)医薬品医療機器総合機構に連絡することとなっている。
    2. 医薬品の副作用には、その医薬品の適応症状と見分けがつきにくい副作用の症状もあるので、注意が必要である。
    3. 複数の専門家が医薬品の販売に携わっている場合であっても、その医薬品の副作用等によると 疑われる健康被害の情報に直接接した専門家1名からの報告書が提出されれば十分である。
    4. 薬局開設者は、保健衛生上の危害の発生又は拡大防止の観点から、報告の必要性を認めた場合に おいては、医薬品医療機器等法で定められた期限内に、報告書を(独)医薬品医療機器総合機構に送付することとされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)