主な医薬品とその作用【問086~090】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問086】

    一般用医薬品を販売するときの登録販売者の対応に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. アレルギー症状が出やすい人に、アレルギー症状が現れる前から予防的に一般用医薬品のアレルギー用薬を使用するよう勧めた。
    2. 一般用医薬品のアレルギー用薬を6日間使用しても鼻炎の改善がみられなかった人に対して、医師の診療を受けるよう勧めた。
    3. 抗ヒスタミン成分が配合された点眼薬と鼻炎用点鼻薬を併用した場合には、眠気が現れることがあるため、乗物や機械類の運転操作を避けるよう説明した。
    4. 点眼薬を点眼した後は、数秒間、眼瞼(まぶた)を閉じて、目頭を押さえるよう説明した。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問087】

    眼科用薬の配合成分とその作用及び副作用に関する以下の記述について、(  )の中に 入れるべき字句の正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。なお、同じ記号の(  )内には同じ字句が入ります。

    クロモグリク酸ナトリウムは、目の( ア )の緩和を目的として点眼薬に配合される。まれに重篤な 副作用として、( イ )を生じることがある。
     また、( ウ )と診断された人がアドレナリン作動成分を含む点眼薬を使用すると、眼圧の上昇をまねき、( ウ )を悪化させたり、その治療を妨げるおそれがある。


    No a b c
    1 疲れ 劇症肝炎 白内障
    2 疲れ アナフィラキシー様症状 緑内障
    3 アレルギー症状 アナフィラキシー様症状 緑内障
    4 アレルギー症状 劇症肝炎 緑内障
    5 アレルギー症状 アナフィラキシー様症状 白内障

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問088】

    眼科用薬の配合成分とその目的とする作用に関する以下の関係の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    (配合成分) (目的とする作用)
    a プラノプロフェン 抗炎症作用
    b 硫酸亜鉛 抗菌作用
    c パンテノール 目の調節機能回復促進作用
    d スルファメトキサゾール 収斂作用

    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問089】

    殺菌消毒成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. アクリノールは、黄色の色素で、真菌や結核菌に対して殺菌消毒作用を示す。
    2. 消毒用エタノールは、皮膚刺激性が強いため、粘膜(口唇等)や目の周りへの使用は避ける必要がある。
    3. 次亜塩素酸ナトリウムは、皮膚刺激性が強いため、通常人体の消毒には用いられない。
    4. ヨードチンキは、ヨウ素及びヨウ化カリウムをエタノールに溶解させたもので、化膿している部位の消毒に用いる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問090】

    皮膚に用いる薬の成分に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 打撲や捻挫などの急性の腫れや熱感を伴う症状に対しては、冷感刺激成分が配合された外用鎮痛薬が適する。
    2. アラントインは、損傷皮膚の組織の修復を促す作用を期待して、外皮用薬に配合されている場合がある。
    3. ヘパリン類似物質には、血液凝固を抑える働きがあるため、出血しやすい人や出血が止まりにくい人では、使用を避ける必要がある。
    4. 温感刺激成分を主薬とする貼付剤は、患部が温まっている入浴直後に貼付するのが効果的である。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)