主な医薬品とその作用【問091~095】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問091】

    外皮用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 外皮用薬で用いられるステロイド性抗炎症成分は、体の一部分に生じた湿疹、皮膚炎等の一時的な 皮膚症状(ほてり・腫れ・痒み等)の緩和を目的とするものであり、広範囲に生じた皮膚症状や、慢性の湿疹・皮膚炎を対象とするものではない。
    2. ケトプロフェンは、皮膚の下層にある骨格筋や関節部まで浸透してプロスタグランジンの産生を抑える作用を示す。
    3. 打撲や捻挫などの急性の腫れや熱感を伴う症状に対しては、冷感刺激成分が配合された外用鎮痛薬が適すとされる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問092】

    以下の殺菌消毒薬のうち、一般細菌類の一部(連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などの化膿菌)に対する 殺菌消毒作用を示すが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がないものの組み合わせはどれか。

    1. マーキュロクロム
    2. クロルヘキシジングルコン酸塩
    3. オキシドール(過酸化水素水)
    4. イソプロピルメチルフェノール
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問093】

    口内炎及び口内炎用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. セチルピリジニウム塩化物は、口腔粘膜の炎症を和らげることを目的とした抗炎症成分である。
    2. シコンは、ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、組織修復促進、抗菌などの作用を期待して用いられる。
    3. 口内炎は、口腔粘膜に生じる炎症で、口腔の粘膜上皮に水疱や潰瘍ができて痛み、ときに口臭を伴う。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問094】

    歯槽膿漏薬に配合される成分とその配合目的の関係が正しいものの組み合わせはどれか。

    (配合成分) (配合目的)
    a 銅クロロフィリンナトリウム 歯周組織の修復を促す
    b ヒノキチオール 殺菌消毒作用
    c ビタミンE 殺菌消毒作用
    d アラントイン 出血を抑える作用

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問095】

    禁煙補助剤(咀嚼剤)に関する以下の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい 組み合わせはどれか。なお、2箇所の( a )内はいずれも同じ字句が入る。

    口腔内が( a )になるとニコチンの吸収が低下するため、コーヒーなど口腔内を( a )にする食品を 摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。
     ニコチンは( b )を興奮させる作用を示し、アドレナリン作動成分が配合された医薬品(鎮咳去痰薬、鼻炎用薬、 痔疾用薬等)との併用により、その作用を( c )させるおそれがある。

    No a b c
    1 酸性 交感神経系 増強
    2 酸性 交感神経系 減弱
    3 アルカリ性 交感神経系 増強
    4 アルカリ性 副交感神経系 増強
    5 アルカリ性 副交感神経系 減弱

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)