主な医薬品とその作用【問081~085】

    【問081】

    痔の薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. カンフルは、ステロイド性抗炎症成分であり、痔による炎症や痒みを和らげる。
    2. セチルピリジニウム塩化物は、粘膜表面に不溶性の膜を形成することで、粘膜の保護や止血作用を示す。
    3. リドカインは、知覚神経に作用して刺激の伝達を可逆的に遮断することで、痔に伴う痛みや痒みを和らげる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問082】

    泌尿器用薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 尿量増加(利尿)作用を期待して、カゴソウが配合されている場合がある。
    2. 猪苓湯は、体力に関わらず、排尿異常があり、ときに口が渇くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適すとされる。
    3. 竜胆瀉肝湯は、構成生薬としてカンゾウを含んでいる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問083】

    女性に現れる症状及び婦人薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 婦人薬は、月経及び月経周期に伴って起こる症状を中心として、女性に現れる特有な諸症状の緩和と、保健を主たる目的とする医薬品である。
    2. 女性ホルモン成分は、その摂取による胎児の先天性異常の発生は報告されていないため、妊婦又は妊娠していると思われる女性でも使用できる。
    3. 女性ホルモン成分の長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、また、乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性もある。
    4. 月経の約10~3日前に現れ、月経終了と共に消失する頭痛、乳房痛などの身体症状や感情の不安定、抑鬱などの精神症状を主体とするものを、月経前症候群とい う。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問084】

    アレルギー及びアレルギー用薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 皮膚症状が治まると喘息が現れるというように、種々のアレルギー症状が連鎖的に現れる場合は、 一般用医薬品によって一時的な対処を図るよりも、医療機関で総合的な診療を受けた方がよい。
    2. 一般用医薬品には、アトピー性皮膚炎等による慢性湿疹等の治療に用いることを目的とするものはない。
    3. 一般用医薬品のアレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む。)は、一時的な症状の緩和に用いられるが、 5~6日間使用して症状の改善がみられない場合は、長期連用する必要がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問085】

    歯や口中に用いる薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. アラントインは、炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用を期待して使用される。
    2. アミノ安息香酸エチルは、齲蝕(むし歯)により露出した歯髄を通っている知覚神経の伝達 を遮断し、痛みを鎮めることを目的として使用される。
    3. 銅クロロフィリンナトリウムは、炎症を起こした歯周組織の修復を促す作用のほか、歯肉炎に 伴う口臭を抑える効果も期待して使用される。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)