薬事に関する法規と制度【問091~095】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問091】

    薬局開設者が、その薬局において医薬品の販売に従事する薬剤師に要指導医薬品を販売させる方法に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 購入しようとする者が、当該要指導医薬品を使用しようとする者であることを確認しなければならない。
    2. 適正な使用のために必要と認められる数量に限り、販売することができる。
    3. 販売した者の氏名、薬局の名称および薬局の電話番号その他連絡先は、希望者のみに伝えることで差し支えない。
    4. 購入しようとする者から相談があった場合には、情報提供または指導を行った後でなければ販売してはならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問092】

    医薬品医療機器等法施行規則第146条第2項の規定により、店舗販売業者が要指導医薬品または第一類医薬品を販売したとき、書面に記載しなければならない事項として、誤っているものはどれか。

    1. 品名
    2. 数量
    3. 販売した日時
    4. 販売した薬剤師の氏名
    5. 購入者の氏名

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問093】

    店舗販売業の店舗における医薬品の陳列に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 要指導医薬品および一般用医薬品を混在しないように陳列しなければならない。
    2. 要指導医薬品は、鍵をかけた陳列設備に陳列している場合であっても、薬局等構造設備規則に規定する要指導医薬品陳列区画の内部の陳列設備に陳列しなければならない。
    3. 第三類医薬品は、薬局等構造設備規則に規定する「情報提供を行うための設備」から7メートル以内の範囲に陳列しなければならない。
    4. 第一類医薬品は、鍵をかけた陳列設備に陳列している場合には、薬局等構造設備規則に規定する第一類医薬品陳列区画の内部の陳列設備に陳列する必要はない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問094】

    配置販売業者が、一般用医薬品を配置するときに添えなければならない書面に記載されていなければならない事項について、誤っているものはどれか。

    1. 許可の区分の別
    2. 区域管理者の氏名
    3. 医薬品による健康被害の救済制度に関する解説
    4. 配置に従事する登録販売者の外部研修の受講履歴
    5. 個人情報の適切な取扱いを確保するための措置

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問095】

    店舗販売業者が行う特定販売に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 当該店舗に貯蔵し、または陳列している一般用医薬品のみ販売することができる。
    2. 特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告するときは、店舗の主要な外観の写真を表示しなければならない。
    3. 特定販売により一般用医薬品を購入しようとする者から、対面または電話による相談応需の希望があった場合には、当該店舗において対面または電話により情報提供を行わなければならない。
    4. 特定販売を行うことについてインターネットを利用して広告するときは、現在勤務している薬剤師または登録販売者の氏名および写真を表示しなければならない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)