主な医薬品とその作用【問096~100】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問096】

    滋養強壮保健薬に含まれる成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ビタミンDの過剰症として、高カルシウム血症、異常石灰化が知られている。
    2. 一般用医薬品におけるビタミンAの1日分量は10000国際単位が上限となっている。
    3. ビタミンEは下垂体や副腎系に作用してホルモン分泌の調節に関与するとされており、ときに生理が早く来たり、経血量が多くなったりすることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問097】

    漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 防風通聖散は、体力中等度以上で、赤ら顔でときにのぼせがあるもののにきび、顔面・頭部の 湿疹・皮膚炎、赤鼻(酒さ)に適すとされるが、胃腸の弱い人では食欲不振、胃部不快感の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
    2. 防已黄耆湯は、体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に伴う 関節痛、むくみ、多汗症、肥満(筋肉にしまりのない、いわゆる水ぶとり)に適すとされる。
    3. 黄連解毒湯は、体力中等度以上で、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらして落ち着かない傾向の あるものの鼻出血、不眠症、神経症、胃炎、二日酔い、血の道症、めまい、動悸、更年期障害、湿疹・皮膚炎、皮膚の かゆみ、口内炎に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)では不向きとされる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問098】

    生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. カッコンは、キンポウゲ科のハナトリカブト又はオクトリカブトの塊根を減毒加工して製したものを 基原とする生薬であり、心筋の収縮力を高めて血液循環を改善する作用を持つ。
    2. ショウマは、マメ科のクズの周皮を除いた根を基原とする生薬で、解熱、鎮痙等の作用を期待して用いられる。
    3. ブクリョウは、サルノコシカケ科のマツホドの菌核で、通例、外層をほとんど除いたものを基原と する生薬で、利尿、健胃、鎮静等の作用を期待して用いられる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問099】

    消毒薬に含まれる成分に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. クレゾール石鹸液は、結核菌を含む一般細菌類、真菌類、ウイルスに対して広い殺菌消毒作用を示す。
    2. イソプロパノールは、脱脂による肌荒れを起こしやすく、皮膚へ繰り返して使用する場合には適さない。
    3. 次亜塩素酸ナトリウムは、プラスチックやゴム製品を劣化させないが、金属を腐食させる。
    4. ジクロルイソシアヌル酸ナトリウムは、プール等の大型設備の殺菌・消毒に用いられることが多い。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問100】

    殺虫剤・忌避剤に含まれる成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. フェノトリンは、アセチルコリンを分解する酵素と不可逆的に結合してその働きを阻害する。
    2. ジクロルボスは、神経細胞に直接作用して神経伝達を阻害する。
    3. ジフルベンズロンは、アセチルコリンを分解する酵素と可逆的に結合してその働きを阻害する。
    4. プロポクスルは、脱皮時の新しい外殻の形成を阻害して、幼虫の正常な脱皮をできなくする。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)