主な医薬品とその作用【問091~095】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問091】

    点眼薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 点眼後、目頭を押さえると、薬液が鼻腔内へ流れ込むのを防ぐことができる。
    2. ソフトコンタクトレンズを装着したままで防腐剤が配合された点眼薬を点眼すると、角膜に障害を 引き起こすおそれがある。
    3. 点眼薬の全身性の副作用として、皮膚に発疹、発赤、痒みが現れることがある。
    4. 緑内障の症状は、一般用医薬品の点眼薬により、改善を期待できる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問092】

    皮膚に用いる薬に含まれる成分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

    1. ピロールニトリンは、患部を酸性にすることで、皮膚糸状菌の発育を抑える。
    2. テルビナフィン塩酸塩は、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げることにより、その増殖を抑える。
    3. スルファジアジンは、皮膚の角質層を構成するケラチンを変質させることにより、角質軟化作用を示す。
    4. 硫酸フラジオマイシンは、細菌のDNA合成を阻害することにより抗菌作用を示す。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問093】

    頭皮・毛根に作用する配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. カルプロニウム塩化物は、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して配合されている。
    2. エストラジオール安息香酸エステルは、女性ホルモンによる脱毛抑制効果を期待して配合されている。
    3. チクセツニンジンは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して配合されている。
    4. カシュウは、血行促進、抗炎症作用を期待して配合されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問094】

    次の表は、ある歯槽膿漏薬に含まれている成分の一覧である。

    <100g中>
    ・トコフェロール酢酸エステル ― 2.0g
    ・ヒノキチオール ― 0.1g
    ・セチルピリジニウム塩化物水和物 ― 0.05g
    ・グリチルリチン酸二カリウム ― 0.4g
    ・アラントイン ― 0.3g


    この歯槽膿漏薬に含まれる成分と、その主な配合目的に関する次の組み合わせのうち、正しいものはどれか。

    No 成分 主な配合目的
    1 ヒノキチオール 組織修復作用
    2 セチルピリジニウム塩化物水和物 止血作用
    3 グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症作用
    4 アラントイン 殺菌消毒作用

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問095】

    禁煙補助剤に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ニコチンは交感神経系を抑制させる作用を示し、アドレナリン作動成分が配合された医薬品との併用により、その作用を減弱させるおそれがある。
    2. 咀嚼剤は、菓子のガムのように噛み、唾液を多く分泌させながら使用することで、吐きけや腹痛の副作用が現れにくくなる。
    3. うつ病と診断されたことのある人は、禁煙時の離脱症状により、うつ症状を悪化させることがあるため、使用を避ける必要がある。
    4. 咀嚼剤は、口腔内が酸性になるとニコチンの吸収が低下するため、炭酸飲料を摂取した後しばらくは使用を避けることとされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)