主な医薬品とその作用【問076~080】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問076】

    腸及び腸に作用する薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 水分の吸収は大半が大腸で行われ、腸内容物が糞便となる過程で適切な水分量に調整される。
    2. 腸の働きは自律神経系により制御されており、異常を生じる要因は腸自体やその内容物によるものだけで なく、腸以外の病気等が自律神経系を介して腸の働きに異常を生じさせる場合もある。
    3. 下痢が起こる主な要因としては、急性の下痢では、体の冷えや消化不良、細菌やウイルス等の消化器感 染(食中毒など)、緊張等の精神的なストレスによるものがあり、慢性の下痢については、腸自体に病変を生じている可能性がある。
    4. 瀉下薬(下剤)は、便秘症状及び便秘に伴う肌荒れ、頭重、のぼせ、吹き出物、食欲不振、腹部膨満、 腸内異常発酵、痔の症状の緩和、又は腸内容物の排除に用いられること(瀉下)を目的とする医薬品である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問077】

    腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する以下の記述について、正しいものを下から一つ選びなさい。

    体力中等度以下で、ときに便が硬く塊状なものの便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振 (食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔の緩和に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を 伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。
    また、本剤を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。

    1. 桂枝加芍薬湯
    2. 大黄甘草湯
    3. 大黄牡丹皮湯
    4. 麻子仁丸
    5. 牛車腎気丸

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問078】

    循環器用薬に配合される成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. コウカには、末梢の血行を促して鬱血を除く作用があるとされる。
    2. ユビデカレノンは、エネルギー代謝に関与する酵素の働きを助ける成分で、摂取された栄養素からエネルギーが産生される際にビタミンB群とともに働く。
    3. ヘプロニカート、イノシトールヘキサニコチネートは、いずれの化合物もニコチン酸が遊離し、その ニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を改善する作用を示すとされる。
    4. ルチンは、ビタミン様物質の一種で、高血圧における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問079】

    貧血及び貧血用薬に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 貧血は、一般的な症状として、疲労、動悸、息切れ、血色不良、頭痛、耳鳴り、めまい、微熱、皮膚や 粘膜の蒼白(青白くなること)、下半身のむくみ等が現れる。
    2. 貧血用薬の主な成分としては、フマル酸第一鉄、溶性ピロリン酸第二鉄、クエン酸鉄アンモニウムなどが用いられる。
    3. 貧血用薬には、ヘモグロビン産生に必要なビタミンAが配合されている場合がある。
    4. 貧血用薬の成分として用いられるビタミンC(アスコルビン酸)は、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問080】

    一般用医薬品の浣腸薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 便秘の場合に排便を促すことを目的として、直腸内に適用される医薬品である。
    2. 繰り返し使用することで、直腸の感受性が高まり、便秘の解消に有効である。
    3. 便秘以外のときに直腸内容物の排除を目的として用いることは適当でない。
    4. 乳幼児では、手軽に使用できる浣腸薬の使用が推奨されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)