人体の働きと医薬品【問061~065】

    【問061】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 消化管とは、口腔から肛門まで続く管で、口腔、咽頭、食道、胃、小腸、膵臓、大腸、肛門等の 器官から構成される。
    2. 歯冠の表面のエナメル質の下には象牙質と呼ばれる硬い骨状の組織があり、神経や血管が通る歯髄を取り囲んでいる。
    3. 唾液には、デンプンをデキストリンやアミノ酸に分解する消化酵素が含まれている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問062】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 食道では消化液の分泌腺が多く分布し、嚥下された飲食物は、食道の運動によって胃に送られる。
    2. ペプシノーゲンは胃酸によって、タンパク質を消化する酵素であるペプシンとなり、胃酸とともに胃液として働く。
    3. 胃酸は、胃内を強酸性に保ち、内容物が腐敗や発酵を起こさないようにする役目を果たしている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問063】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 小腸は、内壁粘膜に絨毛がないため、栄養分の吸収効率は低い。
    2. 膵臓は、血糖値を調節するホルモンであるグルカゴンを血液中に分泌する。
    3. 二日酔いの症状は、アルコールが肝臓で代謝され生じた中間代謝物であるアセトアルデヒドの毒性によるものと考えられている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問064】

    次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 通常、糞便の成分の大半は水分である。
    2. S状結腸に溜まった糞便が下行結腸に送られてくると、その刺激に反応して便意が起こる。
    3. 大腸では、水分とナトリウム、カリウム、リン酸等の電解質の吸収が行われる。
    4. 大腸の腸内細菌は、血液凝固や骨へのカルシウム定着に必要なビタミンCを主に産生している。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問065】

    次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 鼻腔内に物理的又は化学的な刺激を受けると、反射的にくしゃみが起きて激しい呼気とともに 刺激の原因物を排出しようとする。
    2. 気管内に吸い込まれた粉塵等の異物は、気道粘膜から分泌される粘液にからめ取られ、線毛運動 による粘液層の流れによって肺胞へ向けて運搬される。
    3. 喉頭にある軟骨の突起した部分は、いわゆる「のどぼとけ」である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)