主な医薬品とその作用【問071~075】

    【問071】

    健胃薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. センブリは、リンドウ科のセンブリの開花期の全草を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
    2. リュウタンは、クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味に よる健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。
    3. オウレン末は、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、止瀉薬としても用いられる。
    4. ケイヒは、クスノキ科のシンナモムム・カッシアの樹皮又は周皮の一部を除いたものを基原と する生薬で、香りによる健胃作用を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問072】

    胃腸薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 制酸成分を主体とする胃腸薬については、酸度の高い食品と一緒に使用すると胃酸に対する 中和作用が低下することが考えられるため、炭酸飲料での服用が適当である。
    2. 過剰な胃液の分泌を抑える作用を期待して、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンの 働きを抑えるロートエキスやピレンゼピン塩酸塩が配合されている場合がある。
    3. スクラルファート等のアルミニウムを含む成分については、透析療法を受けている人では使用を避ける必要がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問073】

    腸に関する病態及びその薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 腸の異常を生じる要因は、腸自体やその内容物によるものだけでなく、腸以外の病気等が自律神経系を介して腸の働きに異常を生じさせる場合もある。
    2. 整腸薬には、腸内細菌の数やバランスに影響を与えたり、腸の活動を促す成分が主として配合されている。
    3. 整腸薬のうち、人体に対する作用が緩和なものは、医薬部外品として製造販売されている製品がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問074】

    瀉下成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. マルツエキスは、瀉下薬としては比較的作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。
    2. ヒマシ油は、大腸のうち特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促す。
    3. ビサコジルは、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらす。
    4. 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることにより、糞便中の水分量を減らす作用がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問075】

    胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. オキセサゼインは、局所麻酔作用のほか、胃粘膜にゼラチン状の皮膜を形成して保護する作用もある。
    2. エンゴサクやシャクヤクは、鎮痛鎮痙作用を期待して配合されている場合がある。
    3. パパベリン塩酸塩は、抗コリン成分と異なり自律神経系を介した作用がないため、眼圧を上昇させる作用を示さない。
    4. アミノ安息香酸エチルは、メトヘモグロビン血症を起こすおそれがあるため、6歳未満の小児への使用は避ける必要がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)