主な医薬品とその作用【問066~070】

    【問066】

    カフェインに関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 脳に軽い興奮状態を引き起こす作用がある。
    2. 胃液分泌亢進作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食欲不振、悪心・嘔吐)が現れることがある。
    3. 腎臓におけるナトリウムイオンの再吸収促進作用がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問067】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く、持続時間が長い。
    2. ジフェニドール塩酸塩は、排尿困難の症状がある人や緑内障の診断を受けた人では、その症状を悪化させるおそれがある。
    3. 抗コリン成分であるスコポラミン臭化水素酸塩は、肝臓での代謝が遅いため、抗ヒスタミン成分と 比べて作用の持続時間は長い。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問068】

    小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)に関する記述の正誤について、 正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていないため、生後1ヶ月の乳児に使用しても問題はない。
    2. 小児鎮静薬は、夜泣き、ひきつけ、疳の虫等の症状を鎮めるほか、小児における虚弱体質、消化不良等の改善を目的とする医薬品である。
    3. 主な漢方処方製剤としては、桂枝加竜骨牡蛎湯、抑肝散、小建中湯がある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問069】

    次の鎮咳去痰薬に配合されるコデインリン酸塩に関する記述のうち、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 交感神経を刺激して気管支を拡張させる作用により、呼吸を楽にして咳や喘息の症状を鎮めることを目的に用いられる。
    2. 妊娠中に服用すると、一部が血液-胎盤関門を通過して胎児へ移行することが知られている。
    3. 作用本体であるコデインは、モルヒネと同じ基本構造を持ち、依存性がある成分であり、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。
    4. 副作用として、胃腸運動の低下による便秘が現れることがある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問070】

    口腔咽喉薬・含嗽薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 含嗽薬は、使用後すぐに食事を摂ると、殺菌消毒効果が薄れやすい。
    2. 口腔咽喉薬・含嗽薬は、口腔内や咽頭における局所的な作用を目的とする医薬品であるが、成分の 一部が口腔や咽頭の粘膜から吸収されて全身的な影響を生じることがある。
    3. 咽頭の粘膜に付着したアレルゲンによる喉の不快感等の症状を鎮めることを目的として、抗ヒスタミン成分が配合されている場合がある。
    4. セチルピリジニウム塩化物、デカリニウム塩化物は、芳香による清涼感を目的として、配合されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)