主な医薬品とその作用【問071~075】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問071】

    口腔咽喉薬及びうがい薬(含嗽薬)に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して配合される。
    2. ヨウ素系殺菌消毒成分を有効成分として含む場合、橋本病の診断を受けた人では、その治療に悪影響(治療薬の効果減弱など)を生じることはない。
    3. 主として喉の痛み等を鎮めることを目的とし、咳や痰に対する効果を標榜しない漢方処方製剤として、 桔梗湯、白虎加人参湯、響声破笛丸があるが、これらはいずれも構成生薬としてダイオウを含む。
    4. ヨウ素は、レモン汁やお茶などに含まれるビタミンC等の成分と反応すると脱色を生じて殺菌作用が 失われるため、ヨウ素系殺菌消毒成分が配合された含嗽薬では、そうした食品を摂取した直後の使用は避けることが望ましい。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問072】

    強心薬に含まれる生薬成分と、その基原の関係について、正しいものの組み合わせはどれか。

    (生薬成分) (基原)
    a センソ シナヒキガエル等の毒腺分泌物
    b ジャコウ 雄ジャコウジカの麝香腺分泌物
    c ゴオウ マンシュウアカジカの幼角
    d ロクジョウ ウシの胆嚢中に生じた結石

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問073】

    高コレステロール改善薬に含まれる成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 大豆油不鹸化物(ソイステロール)には、腸管におけるコレステロールの吸収を高める働きがあるとされる。
    2. リノール酸は、コレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成すると され、肝臓におけるコレステロールの代謝を促す効果を期待して用いられる。
    3. パンテチンは、高密度リポタンパク質(HDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性 を高めて、低密度リポタンパク質(LDL)産生を高める作用があるとされる。
    4. ビタミンEは、コレステロールから過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進 する作用があるとされる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問074】

    貧血用薬(鉄製剤)に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 貧血用薬(鉄製剤)は、鉄欠乏性貧血に対して不足している鉄分を補充し、造血機能の回復を図る医薬品である。
    2. 鉄製剤を服用すると、便が黒くなることがある。
    3. 鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問075】

    循環器用薬に含まれるユビデカレノンに関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 別名コエンザイムQ10とも呼ばれる。
    2. 心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を抑えることによって、血液循環の改善効果を示すとされる。
    3. 副作用として、胃部不快感、食欲減退、吐きけ、下痢、発疹・痒みが現れることがある。
    4. 小児において心疾患による動悸、息切れ、むくみの症状があるような場合には、医師の診療を受ける ことが優先されるべきであるが、15 歳未満の小児向けの製品も存在する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)