主な医薬品とその作用【問066~070】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問066】

    眠気を促す薬に配合される生薬成分に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. カノコソウ、チョウトウコウ等の生薬成分が複数配合されている製品があるが、これら生薬成分の みからなる製品は、通常、長期連用する必要がある場合に用いられる。
    2. サンソウニンやチャボトケイソウが配合された医薬品は、それら成分又はセントジョーンズワートを 含む食品を併せて摂取すると、医薬品の薬効に影響を及ぼしたり、副作用のリスクが高まったりすることがある。
    3. カノコソウを含む製品は、医薬品的な効能効果が標榜又は暗示されていなければ食品として流通可能である。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問067】

    眠気防止薬におけるカフェインの摂取量に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき数字の正しい組み合わせはどれか。

    眠気防止薬におけるカフェインの1回摂取量はカフェインとして( a )mg、1日摂取量は( b )mg が上限とされている。

    No a b
    1 20 50
    2 30 100
    3 60 200
    4 100 250
    5 200 500

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問068】

    鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に配合される成分に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. ジフェンヒドラミンテオクル酸塩は、中耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、中耳への血流を改善する作用を示す。
    2. ジメンヒドリナートは、ジフェニドール塩酸塩の一般名の抗ヒスタミン成分である。
    3. メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い。
    4. 乗物酔いの発現には不安や緊張などの心理的な要因による影響も大きく、それらを和らげることを目的として、アリルイソプロピルアセチル尿素が配合されている場合がある。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問069】

    咳や痰が生じる仕組み及び鎮咳去痰薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 咳は、気管や気管支に何らかの異変が起こったときに、その刺激が中枢神経系に伝わり、脊髄にある 呼吸中枢の働きによって引き起こされる反応である。
    2. 気道粘膜に炎症を生じたときには咳が誘発され、また、炎症に伴って喘息を生じることもある。
    3. 鎮咳去痰薬は、咳を鎮める、痰の切れを良くすることを目的とするが、喘息症状を和らげる効果をもつものはない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問070】

    鎮咳去痰薬に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 気管支拡張成分として配合されるジプロフィリンは、自律神経を介して気管支の平滑筋を弛緩させ、 気管支を拡張させる。
    2. 生薬成分として配合されるナンテンジツは、知覚神経・末梢運動神経に作用して咳止めに効果があるとされる。
    3. 漢方処方製剤である五虎湯はマオウを含むため、心臓病の診断を受けた人では使用により症状を悪化させるおそれがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)