主な医薬品とその作用【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問051】

    禁煙補助剤に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. 咀嚼剤は、噛むことにより口腔内でニコチンが放出され、口腔粘膜から吸収されて循環血液中に移行する。
    2. 非喫煙者が使用しても、吐き気やめまい等の症状が現れることはない。
    3. コーヒーを摂取した後しばらくは、使用を避けることとされている。
    4. アドレナリン作動成分が配合された医薬品との併用により、その作用を増強させるおそれがある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問052】

    滋養強壮保健薬の配合成分と配合目的の関係について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    (配合成分) (配合目的)
    a ヘスペリジン ビタミンCの吸収を助ける
    b グルクロノラクトン 肝血流を促進する
    c アミノエチルスルホン酸(タウリン) 乳酸の分解を促す
    d システイン 軟骨成分を形成及び修復する
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問053】

    漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. 漢方独自の病態認識である「証」に基づいて用いることが、有効性及び安全性を確保するために重要である。
    2. 防風通聖散は、構成生薬として、カンゾウ、マオウ、ダイオウを含む。
    3. 大柴胡湯は、体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの肥満症に適し、胃腸が弱く下痢しやすい人でも使用できる。
    4. 用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合であっても、生後6か月未満の乳児には使用しないこととされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問054】

    鎮咳去痰薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. ハンゲは、中枢神経系に作用して咳を抑える生薬成分である。
    2. ノスカピンは、交感神経系を刺激して気管支を拡げる成分である。
    3. ジメモルファンリン酸塩は、麻薬性鎮咳成分とも呼ばれる。
    4. デキストロメトルファンフェノールフタリン塩は、主にトローチ剤に配合される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問055】

    生薬成分と薬用部位の関係について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    (生薬成分) (薬用部位)
    a サイコ 菌核
    b サイシン 根及び根茎
    c モクツウ 蔓性の茎
    d ブクリョウ 果実
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)