主な医薬品とその作用【問41~045】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問041】

    内服アレルギー用薬に関する次の記述について、(  )に入れるべき字句の正しい組合せを下欄から選びなさい。なお、2つの( a )内には同じ字句が入ります。

    鼻炎用内服薬は、( a )の働きを抑える作用を示す抗( a )成分を主体に、鼻粘膜の充血や腫れを和らげる( b )作動成分及び鼻汁分泌やくしゃみを抑える抗( c )成分等を組み合わせて配合される。

    No a b c
    1 コリン ヒスタミン アドレナリン
    2 ヒスタミン アドレナリン コリン
    3 アドレナリン コリン ヒスタミン
    4 コリン アドレナリン ヒスタミン
    5 ヒスタミン コリン アドレナリン

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問042】

    かぜ薬に配合される次の成分のうち、依存性のあるものの正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. クロペラスチン塩酸塩
    2. デキストロメトルファン臭化水素酸塩
    3. ジヒドロコデインリン酸塩
    4. メチルエフェドリン塩酸塩
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問043】

    下表の成分を含む鼻炎用点鼻薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    <100mL中>
    クロモグリク酸ナトリウム ― 1,000mg
    クロルフェニラミンマレイン酸塩 ― 250mg
    ナファゾリン塩酸塩 ― 25mg


    1. 過度に使用すると鼻粘膜の血管が反応しなくなり、逆に血管が拡張して二次充血を招き、鼻づまりがひどくなりやすい。
    2. クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑える作用を示す。
    3. ナファゾリン塩酸塩は、ヒスタミンの働きを抑える作用を示す。
    4. 副作用として、鼻出血や頭痛が現れることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問044】

    点眼薬に関する次の記述について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. 点眼薬1滴の薬液の量は約20μLのため、一度に数滴点眼するほうが効果が増す。
    2. 点眼後は、数秒間、まぶたを閉じて、薬液を結膜嚢内に行き渡らせるが、その際、目頭を押さえてはいけない。
    3. コンタクトレンズをしたままの点眼は、添付文書に使用可能と記載されていない限り行うべきでない。
    4. 一般用医薬品の点眼薬には、緑内障の症状を改善できるものはない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問045】

    眼科用薬に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. アセチルコリンは、水晶体の周りを囲んでいる毛様体に作用して、目の調節機能に関与している。
    2. テトラヒドロゾリン塩酸塩は、結膜を通っている血管を収縮させて目の充血を除去する作用を期待して配合されている。
    3. 水溶性アズレンは、炎症を生じた眼粘膜の組織修復を促す作用を期待して配合されている。
    4. スルファメトキサゾールは、真菌の感染による結膜炎やものもらい、眼瞼炎などの化膿性の症状の改善を期待して配合されている。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)