薬事に関する法規と制度【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問051】

    次の医薬部外品の製品群のうち、かつては医薬品であったが、平成16年に医薬部外品へ移行されたものはどれか。

    1. 殺鼠剤
    2. 育毛剤(養毛剤)
    3. 健胃薬
    4. 浴用剤
    5. 腋臭防止剤

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問052】

    毒薬又は劇薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 店舗の管理者が薬剤師である店舗販売業者は、劇薬を開封して販売してはならない。
    2. 毒薬又は劇薬を、14歳未満の者その他安全な取扱いに不安のある者に交付することは禁止されている。
    3. 一般用医薬品で劇薬に該当するものはない。
    4. 劇薬は、それを収める直接の容器又は被包に、赤地に白枠、白字をもって、その医薬品の品名及び「劇」の文字が記載されていなければならない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問053】

    店舗販売業者が、毒薬又は劇薬を、一般の生活者に対して販売又は譲渡する際に、その医薬品を 譲り受ける者から交付を受ける文書に記入されていなければならない事項として、誤っているものはどれか。

    1. 使用目的
    2. 製造番号又は製造記号
    3. 譲受人の氏名
    4. 譲受人の住所
    5. 譲受人の職業

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問054】

    生物由来製品に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 生物由来の原材料が用いられているものであっても、指定の対象になるとは限らない。
    2. 主に、製品を使用する患者数に着目して指定されている。
    3. 厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定する。
    4. 現在のところ、一般用医薬品又は要指導医薬品で指定されたものはない。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問055】

    一般用医薬品のうち、濫用のおそれがあるものとして指定されている医薬品に関する記述の正誤 について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 厚生労働大臣が指定する。
    2. 販売し、又は授与するときは、必ず薬剤師が必要な事項を確認することとされている。
    3. 購入し、又は譲り受けようとする者が若年者である場合にあっては、当該者の氏名及び住所を書面で 記録しなければならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)