主な医薬品とその作用【問056~060】

    【問056】

    漢方処方製剤のうち、次の記述に該当するものを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・ 便秘、蓄膿症、湿疹・皮膚炎、ふきでもの、肥満症に適するとされる。構成生薬としてカンゾウ、マオウ、ダイオウを含む。

    1. 黄連解毒湯
    2. 防已黄耆湯
    3. 防風通聖散
    4. 大柴胡湯
    5. 清上防風湯

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問057】

    消毒薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 次亜塩素酸ナトリウムは、酸性の洗剤・洗浄剤と反応して有毒な塩素ガスが発生するため、混ざらないように注意する必要がある。
    2. クレゾール石鹸液は、ほとんどのウイルスに対して殺菌消毒作用を示す。
    3. エタノールは、粘膜刺激性があり、粘膜面や目の回り、傷がある部分への使用は避けることとされている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問058】

    a~dの殺虫剤の有効成分のうち、次の記述に該当する特徴をもつものの正しい組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ)と不可逆的に結合してその働きを阻害することにより、殺虫作用を示す。

    1. プロポクスル
    2. ジクロルボス
    3. ペルメトリン
    4. ダイアジノン

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問059】

    尿糖・尿タンパク検査薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 尿タンパクを検査する場合、原則として早朝尿(起床直後の尿)を検体とし、激しい運動の直後は避ける必要がある。
    2. 医薬品の中には、検査結果に影響を与える成分を含むものがある。
    3. 正確な検出結果を得るためには、尿糖又は尿タンパクを検出する部分をできるだけ長い時間尿に浸しておかなければならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問060】

    妊娠検査薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 妊娠検査薬は、尿中のエストラジオールの有無を調べるものである。
    2. 一般的な妊娠検査薬は、月経予定日が過ぎて概ね1週目以降の検査が推奨されている。
    3. 経口避妊薬などのホルモン剤を使用している人では、妊娠していなくても、検査結果が陽性となることがある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)