主な医薬品とその作用【問041~045】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問041】

    内用痔疾用薬とその成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. 痔に伴う症状の緩和を目的として、センナ(またはセンノシド)、ダイオウ等の生薬成分が配合 されている場合がある。
    2. カイカクはマメ科のエンジュの成熟した果実を基原とする生薬で、主に止血効果を期待して用いられる。
    3. カルバゾクロムは、毛細血管を補強、強化して出血を抑える働きがあるとされ、止血効果を期待して配合されている場合がある。
    4. 肛門周囲の末梢血管の血行を促して、鬱うっ血を改善する効果を期待して、ビタミンDが配合されている場合がある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問042】

    婦人薬の女性ホルモン成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. エチニルエストラジオールは、エストラジオールを補充するもので、膣粘膜または外陰部に適用されるものがある。
    2. 妊娠中に摂取することによって胎児の先天異常の発生が報告されており、妊婦または妊娠していると思われる女性では使用を避ける必要がある。
    3. 吸収された成分が乳汁中に移行することはないため、母乳を与える女性でも使用することができる。
    4. 長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、また、乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性もあるため、定期的な検診を受けるなどの対応が必要である。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問043】

    アレルギー用薬に配合される成分に関する記述について、誤っているものはどれか。

    1. アゼラスチンは、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える作用を示す。
    2. メキタジンは、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)、肝機能障害、血小板減少を生じることがある。
    3. ケトチフェンは、抗ヒスタミン作用がないため、乗物または機械類の運転操作に支障を及ぼすことはない。
    4. プソイドエフェドリン塩酸塩は、他のアドレナリン作動成分に比べて中枢神経系に対する作用が強く、副作用として不眠や神経過敏が現れることがある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問044】

    アレルギー用薬に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 一般の生活者が自己判断により、アレルギー症状が現れる前から、予防的に一般用医薬品のアレルギー用薬を使用することは適当である。
    2. 一般用医薬品には、アトピー性皮膚炎による慢性湿疹等の治療に用いることを目的とするものがある。
    3. 一般用医薬品のアレルギー用薬は、一時的な症状の緩和に用いられるものであるため、長期の連用は 避け、5~6日間使用しても症状の改善がみられない場合には、医師の診療を受けるなどの対応が必要である。
    4. 皮膚症状が治まると喘ぜん息が現れるというように、種々のアレルギー症状が連鎖的に現れる 場合は、一般用医薬品によって一時的な対処を図るよりも、医療機関で総合的な診療を受けた方がよい。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問045】

    内服アレルギー用薬として用いられる漢方処方製剤に関する記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    使用する人の( a )と症状にあわせて漢方処方が選択されることが重要である。( b )の症状を主とする人に 適すとされるものとして、十味敗毒湯、消風散、当帰飲子等が、( c )の症状を主とする人に適すとされるもの として、葛根湯加川芎辛夷、小青竜湯、辛夷清肺湯等がある。

    No a b c
    1 体質 皮膚
    2 年齢
    3 体質 皮膚
    4 年齢 皮膚
    5 体質 皮膚

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)