薬事に関する法規と制度【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問046】

    化粧品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 化粧品の直接の容器又は直接の被包には、「化粧品」の文字の表示が義務付けられている。
    2. 化粧品を業として販売する場合には、医薬品医療機器等法に基づく許可は必要なく、一般小売店において販売することができる。
    3. 化粧品の成分本質(原材料)については、原則として医薬品の成分を配合してはならないこととされており、配合が認められる場合にあっても、添加物として使用されているなど、 薬理作用が期待できない量以下に制限されている。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問047】

    薬局の開設及び医薬品の販売業の許可に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 薬局の開設及び医薬品の販売業の許可は、6年ごとに、その更新を受けなければ、その期間の経過によって、その効力を失う。
    2. 薬局開設者が、配置による販売又は授与の方法で医薬品を販売等しようとする場合には、別途、配置販売業の許可を受ける必要はない。
    3. 医薬品医療機器等法第25条において医薬品の販売業の許可は、店舗販売業の許可、配置販売業の許可又は卸売販売業の許可の3種類に分けられている。
    4. 卸売販売業の許可を受けた者は、業として一般の生活者に対して直接医薬品を販売することができる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問048】

    薬局に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

    1. 薬局は、厚生労働大臣の許可を受けなければ開設してはならない。
    2. 医薬品を取り扱う場所であって、薬局として開設の許可を受けていないものについては、病院又は診療所の調剤所を除き、薬局の名称を付してはならない。
    3. 薬局開設者が登録販売者であるときは、自らが管理者となることができる。
    4. 調剤を実施する薬局は、医療法においては医療提供施設に位置づけられている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)
    5. 5.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問049】

    店舗販売業に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 店舗販売業の店舗において、薬剤師が従事していても調剤を行うことはできない。
    2. 店舗管理者は、保健衛生上支障を生ずるおそれがないよう、その店舗に勤務する他の従事者を監督するなど、その店舗の業務につき、必要な注意をしなければならない。
    3. 登録販売者は、過去5年間のうち、登録販売者として業務に従事した期間が通算して2年あれば、要指導医薬品を販売する店舗の店舗管理者になることができる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問050】

    店舗販売業者が第一類医薬品を販売したときに書面に記載しなければならない事項として医薬品医療機器等法施行規則第146条第2項に規定されていないものはどれか。

    1. 品名
    2. 数量
    3. 販売した日時
    4. 販売した薬剤師の氏名、情報提供を行った薬剤師の氏名
    5. 購入者の氏名及び住所

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)