人体の働きと医薬品【問051~055】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問051】

    筋組織に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 筋組織は、筋細胞(筋線維)とそれらをつなぐ結合組織からなり、その機能や形態によって、骨格筋、平滑筋、心筋に分類される。
    2. 骨格筋は、筋線維を顕微鏡で観察すると横縞模様(横紋)が見えるので横紋筋とも呼ばれる。
    3. 意識的にコントロールできる筋組織を随意筋といい、骨格筋と平滑筋は随意筋である。
    4. 随意筋は自律神経系で支配されるのに対し、不随意筋は体性神経系に支配されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問052】

    中枢神経系に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 脊髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢がある。
    2. 脳の毛細血管が中枢神経の間質液環境を血液内の組成変動から保護するように働く機能を血液脳関門という。
    3. 脳において、酸素の消費量は全身の約20%と多いが、ブドウ糖の消費量は全身の約5%と少ない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問053】

    自律神経系の働きに関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    自律神経系は交感神経系と副交感神経系からなる。概ね、交感神経系が( a )に対応した態勢をとるように働き、 副交感神経は( b )となるように働く。交感神経の節後繊維の末端から神経伝達物質の( c )が放出され、副交感神 経の節後繊維の末端から神経伝達物質の( d )が放出される。ただし、汗腺を支配する交感神経繊維の末端では、例外的 に( d )が伝達物質として放出される。

    No a b c d
    1 緊張状態 安息状態 アセチルコリン ノルアドレナリン
    2 安息状態 緊張状態 ノルアドレナリン アセチルコリン
    3 緊張状態 安息状態 セロトニン ドパミン
    4 安息状態 緊張状態 ドパミン セロトニン
    5 緊張状態 安息状態 ノルアドレナリン アセチルコリン

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問054】

    薬の吸収に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 内服薬の有効成分は主に小腸で吸収される。消化管からの吸収は一般に濃度の高い方から低い方 へ受動的に拡散していく現象である。
    2. 禁煙補助剤のニコチン(咀嚼剤)は主に食道から有効成分を吸収し全身作用を現す。
    3. 咽頭の粘膜に適用する含嗽薬(うがい薬)等は、その多くが唾液や粘液によって食道へ流れてしまう ため、アレルギー性副作用が生じることは無い。
    4. 坐剤は、肛門から挿入すると直腸内で溶け、有効成分が容易に循環血液中に入るため、内服の場合よりも全身作用が速やかに現れる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問055】

    薬の代謝と排泄に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 薬の有効成分は未変化体のままで、あるいは代謝物として、腎臓から尿中へ、肝臓から胆汁中へ、 又は肺から呼気中へ排出される。
    2. 薬の有効成分の多くは血液中で血漿タンパク質と結合して複合体を形成しており、その結合は 速やかかつ可逆的である。
    3. 腎機能が低下した人では、正常な人と比べて有効成分の尿中への排泄が促進され医薬品の効き目が 十分に現れず、副作用も生じにくい。
    4. 小腸などの消化管粘膜や腎臓には薬の代謝活性がない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)