主な医薬品とその作用【問056~060】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問056】

    次の記述は、漢方に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 漢方処方を構成する生薬には、複数の処方で共通しているものがある。
    2. 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていないので、生後3ヶ月未満 の乳児にも使用してもよい。
    3. 小柴胡湯とインターフェロン製剤は、相互作用を起こすため併用を避ける必要がある。
    4. すべての漢方薬は作用が穏やかで、副作用が少ない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問057】

    消毒薬の以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. クレゾール石鹸液は、結核菌を含む一般細菌類、真菌類、ウイルスに対して比較的広い殺菌消毒作用を示す。
    2. エタノールやイソプロパノールは、アルコール分が微生物のタンパク質を変性させ、それらの 作用を消失させることから、結核菌を含む一般細菌類、真菌類、ウイルスに対する殺菌消毒作用を示す。
    3. 次亜塩素酸ナトリウムは、アルカリ性の洗剤・洗浄剤と反応して有毒なガスを発生させるため、混ざ らないように注意する必要がある。
    4. ジクロルイソシアヌル酸ナトリウムは、塩素臭や刺激性、金属腐食性が比較的抑えられており、 プール等の大型設備の殺菌・消毒に用いられることが多い。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問058】

    殺虫剤に関する以下の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. ハエ、ダニ、蚊等の衛生害虫の防除を目的とする殺虫剤には、医薬品に該当するものはない。
    2. 殺虫剤使用に当たっては、殺虫作用に対する抵抗性が生じるのを避けるため、同じ殺虫成分を 長期間連用せず、いくつかの殺虫成分を順番に使用していくことが望ましい。
    3. 燻蒸剤使用に当たっては、燻蒸処理が完了するまでの間、部屋を締め切って退出する必要がある。
    4. 蒸散剤は、殺虫成分を基剤に混ぜて整形し、加熱したとき又は常温で徐々に揮散するようにしたものである。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問059】

    一般用検査薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 専ら疾病の診断に使用されることが目的とされる医薬品のうち、人体に直接使用 されることのないものを体外診断用医薬品という。
    2. 検体中に存在しているにもかかわらず、その濃度が検出感度以下であったり、検出反応を妨害 する他の物質の影響等によって、検査結果が陰性となった場合を擬陰性という。
    3. 体外診断用医薬品は、一般用医薬品のみである。
    4. 検査に用いる検体は、尿、糞便、鼻汁、唾液、涙液など採取に際して侵襲(採血や穿刺等)のないものである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問060】

    次の記述は、妊娠検査薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 妊娠検査薬は、通常、実際に妊娠が成立してから1週目前後の尿中ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(hCG)濃度を検出感度としている。
    2. 検体としては、尿中hCGが検出されやすい就寝直前に採取した尿が向いている。
    3. 妊娠の確定診断には、尿中ホルモン検査だけでなく、専門医による問診や超音波検査などの 結果から総合的に妊娠の成立を見極める必要がある。
    4. 妊娠が成立していたとしても、正常な妊娠か否かについては、妊娠検査薬による検査結果では 判別できない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)