主な医薬品とその作用【問046~050】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問046】

    次の記述は、眼科用薬に関するものである。正しいものはどれか。

    1. 点眼薬は、一度に2~3滴点眼することで、1滴のときよりも効果が増す。
    2. ソフトコンタクトレンズは水分を含みやすいため、ベンザルコニウム塩化物等の防腐剤が 使用されている点眼薬は、コンタクトレンズを装着したまま点眼したほうがよい。
    3. 配合成分としてあらかじめ定められた範囲内の成分のみを含む等の基準に当てはまる コンタクトレンズ装着液は、医薬部外品として認められている。
    4. 点眼の際は、容器の先端を眼瞼(まぶた)につけて、薬液が確実に目の中に入るように 注意しながら正確に点眼する。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問047】

    眼科用薬に含まれる成分とその成分を配合する目的との関係について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. プラノプロフェン ― 炎症の原因となる物質の生成を抑える作用
    2. コンドロイチン硫酸ナトリウム ― 結膜や角膜の乾燥を防ぐ作用
    3. スルファメトキサゾール ― 抗真菌作用
    4. アラントイン ― 外部の刺激から保護する作用

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問048】

    皮膚に用いる薬に関する以下の記述のうち、正しいものはどれか。

    1. 外皮用薬は、表皮の角質層が柔らかくなることで有効成分が浸透しやすくなることから、入浴後に用いるのが効果的である。
    2. 化膿の原因となる黄色ブドウ球菌や連鎖球菌の増殖を防ぐため、創傷部に対しては、繰り返し 殺菌消毒薬を適用するべきである。
    3. 外用薬で用いられるステロイド性抗炎症成分は、広範囲に生じた皮膚症状や慢性の湿疹・皮膚炎を対象とする。
    4. じゅくじゅくと湿潤している患部には、軟膏よりも、有効成分の浸透性の高い液剤が適している。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問049】

    第1欄の記述は皮膚に用いる薬の配合成分に関するものである。第1欄の記述に該当する 配合成分として正しいものは第2欄のどれか。

    第1欄
    皮膚糸状菌(白癬菌)の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。

    第2欄

    1. エタノール
    2. クロラムフェニコール
    3. ノニル酸ワニリルアミド
    4. スルファジアジン
    5. オキシコナゾール硝酸塩

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問050】

    毛髪用薬の配合成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. カルプロニウム塩化物は、末梢組織(適用局所)において、交感神経系を刺激し、頭皮の 血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果を期待して用いられる。
    2. 脱毛抑制効果を期待して、女性ホルモン成分の一種であるエストラジオール安息香酸 エステルが配合されていることがある。
    3. カシュウは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。
    4. ヒノキチオールは、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)