主な医薬品とその作用【問041~045】

    登録販売者の試験問題について、北海道,青森,岩手,秋田,山形,宮城,福島は出題内容が共通です。

    【問041】

    次の記述は、痔と痔の薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 痔の悪化につながるため、食物繊維の摂取は、控えた方がよい。
    2. 直腸粘膜と皮膚の境目となる歯状線より上部の、直腸粘膜にできた痔核を内痔核と呼ぶ。
    3. 外用痔疾用薬は、局所に適用されるものであるが、配合成分によっては全身的な影響を考慮する必要がある。
    4. 内用痔疾用薬は、副作用が増強するため、外用痔疾用薬と併せて用いることはない。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問042】

    痔の薬に用いられる次の配合成分のうち、ステロイド性抗炎症成分はどれか。

    1. プレドニゾロン酢酸エステル
    2. クロタミトン
    3. タンニン酸
    4. ジフェンヒドラミン塩酸塩
    5. テトラヒドロゾリン塩酸塩

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問043】

    次の記述は、婦人薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 人工的に合成された女性ホルモンの一種であるエチニルエストラジオールは、妊娠中の女性ホルモンの補充のために用いられる。
    2. 婦人薬に配合されるサフランは、鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用が期待される。
    3. 体力中等度以下で、手足がほてり、唇が乾くものの月経不順や更年期障害の諸症状には、温経湯が適すとされる。
    4. 体力虚弱で、ときに下腹部痛、肩こりなどを訴えるものの月経不順や更年期障害の諸症状には、桂枝茯苓丸が適すとされる。
    1. 1.(a,c)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(b,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問044】

    アレルギーとアレルギー用薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 蕁麻疹は、アレルゲン(抗原)との接触以外にも起こることがある。
    2. クロルフェニラミンマレイン酸塩は、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える。
    3. 鼻炎用内服薬には、メチルエフェドリン塩酸塩等のアドレナリン作動成分を含むものがある。
    4. アトピー性皮膚炎による慢性湿疹の治療には、一般用医薬品(漢方処方製剤を含む。)のみを用いる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問045】

    次の記述は、鼻炎と鼻炎用点鼻薬に関するものである。正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 急性鼻炎は、鼻腔内に付着したウイルスや細菌が原因となって生じる鼻粘膜の炎症で、かぜの 随伴症状として現れることが多い。
    2. 鼻炎用点鼻薬は、鼻づまりや鼻みず(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)の緩和を 目的として、鼻腔内に適用される内用液剤である。
    3. スプレー式鼻炎用点鼻薬を使用する前に鼻をかむと、効果が薄くなる。
    4. ヒスタミンの遊離を抑える成分は、アレルギー性でない鼻炎に対しては、無効である。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)