人体の働きと医薬品【問036~040】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問036】

    医薬品の副作用として生じる肝機能障害に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 医薬品により生じる肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる 中毒性のものと、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものに大別される。
    2. 軽度の肝障害の場合、自覚症状がなく、健康診断等の血液検査(肝機能検査値の悪化)で 初めて判明することが多い。
    3. 原因と考えられる医薬品を漫然と使用し続けると、不可逆的な病変(肝不全)を生じ、死に至ることもある。
    4. 黄疸とは、ヘモグロビンが胆汁中へ排出されず血液中に滞留することにより生じる、皮膚や白目が黄色くなる病態である。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問037】

    医薬品の使用により呼吸器系に現れる副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい 組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 間質性肺炎は、肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織が炎症を起こしたものである。
    2. 間質性肺炎は、必ず高熱を伴う。
    3. 喘息は、原因となる医薬品の使用後、短時間(1時間以内)のうちに鼻水・鼻づまりが現れ、続いて咳、喘鳴及び呼吸困難を生じる。
    4. 喘息は、内服薬のほか坐薬や外用薬でも誘発されることがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問038】

    医薬品の副作用として生じる接触皮膚炎及び光線過敏症に関する以下の記述の正誤について、 正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 接触皮膚炎は、化学物質や金属等に皮膚が反応して起こる、強い痒みを伴う発疹・発赤、 腫れ、刺激感、水疱・ただれ等の激しい炎症症状である。
    2. 接触皮膚炎の発症部位は、医薬品の接触部位に限定されない。
    3. 光線過敏症の症状は、貼付剤の場合、原因となる貼付剤を剥がせば発症することはない。
    4. 接触皮膚炎は、通常は1週間程度で症状は治り、再びその医薬品に触れても再発しない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問039】

    薬疹に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 皮膚以外に、眼の充血や口唇・口腔粘膜に異常が見られることがある。
    2. 医薬品の使用後1~2日で起きることが多い。
    3. あらゆる医薬品で起きる可能性がある。
    4. 医薬品を使用した後に現れた発疹・発赤等の痒み等の症状に対して、一般の生活者が 自己判断で対症療法を行うことは、原因の特定を困難にするおそれがあるため、避けるべきである。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問040】

    医薬品の使用により循環器系に現れる副作用に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 鬱血性心不全とは、全身が必要とする量の血液を心臓から送り出すことができなくなり、 肺に血液が貯留して、種々の症状を示す疾患である。
    2. 医薬品を適正に使用すれば、動悸(心悸亢進)や一過性の血圧上昇、顔のほてりを生じることはない。
    3. 不整脈の種類によっては失神(意識消失)を起こすこともある。
    4. 不整脈は、代謝機能の低下によってその発症リスクが高まることがあるので、腎機能や肝機能 の低下、併用薬との相互作用等に留意するべきである。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)