人体の働きと医薬品【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問031】

    副交感神経系が活発になったときの効果器とその反応の関係について、正しい組み合わせを 下から一つ選びなさい。

    (効果器) (反応)
    a 心臓 心拍数増加
    b 気管、気管支 収縮
    c 胃液分泌亢進
    d 膀胱 排尿抑制

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問032】

    医薬品に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 錠剤、カプセル剤等の固形剤の場合、腸溶性製剤のような特殊なものを除き、胃で有効成分 が溶出するものが大部分を占める。
    2. 鼻腔粘膜の下には毛細血管が豊富なため、点鼻薬の成分は循環血液中に移行しやすく、全身性の副作用を生じることがある。
    3. 皮膚に適用する医薬品(塗り薬、貼り薬等)は、適用部位に対する局所的な効果を目的とする ものであっても、アレルギー性の副作用は、適用部位以外にも現れることがある。
    4. 膨潤性下剤は、有効成分が消化管内で作用するものであり、その場合に現れる作用は全身作用である。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問033】

    薬の剤形の特徴に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

    1. 錠剤のように固形状に固めず、小さな粒状にしたものを顆粒剤といい、錠剤を飲み込むこと が困難な人にとっては錠剤よりも服用しやすい。
    2. 口腔内崩壊錠は、水分摂取が制限されている場合でも、口の中で溶かした後に、唾液と一緒に 容易に飲み込むことができる。
    3. チュアブル錠は、水なしでも服用できる。
    4. 軟膏剤は、一般的には、患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合に用いることが多い。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問034】

    ショック(アナフィラキシー)及びアナフィラキシー様症状に関する以下の記述の正誤に ついて、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. ショック(アナフィラキシー)は、生体異物に対する遅延型のアレルギー反応の一種である。
    2. ショック(アナフィラキシー)は、医薬品の場合、以前にその医薬品によって蕁麻疹等の アレルギーを起こしたことがある人では起きる可能性が低い。
    3. ショック(アナフィラキシー)は、一旦発症すると病態は急速に悪化することが多く、適切な 対応が遅れるとチアノーゼや呼吸困難等を生じ、致命的な転帰をたどることがある。
    4. アナフィラキシー様症状という呼称は、初めて使用した医薬品で起きる場合を含み、その原因 がアレルギーかどうかはっきりしない場合に用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問035】

    中毒性表皮壊死融解症に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 38℃以上の高熱を伴って広範囲の皮膚に発赤が生じ、全身の10%以上に火傷様の水疱、皮膚の 剥離、びらん等が認められ、かつ、口唇の発赤・びらん、眼の充血等の症状を伴う病態である。
    2. 症例の多くが、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)の進展型とみられる。
    3. 発症しても死に至るほどの重篤な皮膚症状ではないため、致命的な転帰をたどることはない。
    4. 原因医薬品の使用開始後1 ヶ月以上経ってから発症することがほとんどである。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)