主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、徳島,香川,愛媛,高知は出題内容が共通です。

    【問021】

    解熱鎮痛薬に配合される次の成分のうち、一般用医薬品において、15歳未満の小児に対して、いかなる場合も 使用してはならないものの正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. サザピリン
    2. イソプロピルアンチピリン
    3. イブプロフェン
    4. アセトアミノフェン
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問022】

    グリチルリチン酸に関する次の記述について、正しいものを1つ選びなさい。

    1. グリチルリチン酸を大量に摂取すると、偽アルドステロン症を生じるおそれがある。
    2. どのような人が対象であっても、1日最大服用量がグリチルリチン酸として20mg以上となる製品は、長期連用を避けることとされている。
    3. 医薬品では、グリチルリチン酸としての1日摂取量が400mgを超えないよう用量が定められている。
    4. グリチルリチン酸を含む生薬成分として、マオウが配合されている医薬品がある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問023】

    下表の成分を含むかぜ薬に関する次の記述について、誤っているものを1つ選びなさい。

    <1回量1包中>
    ・アンブロキソール塩酸塩 ― 15mg
    ・L-カルボシステイン ― 250mg
    ・ジヒドロコデインリン酸塩 ― 8mg
    ・アセトアミノフェン ― 300mg
    ・クロルフェニラミンマレイン酸塩 ― 2.5mg
    ・リボフラビン 4mg


    1. L-カルボシステインは、中枢作用によって鎮咳をもたらす。
    2. アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらす ため、末梢における抗炎症作用は期待できない。
    3. クロルフェニラミンマレイン酸塩は、くしゃみや鼻汁を抑えることを目的に配合されている。
    4. リボフラビンは、かぜの時に消耗しやすいビタミンの補給を目的に配合されている。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問024】

    次のうち、去痰作用を期待して鎮咳去痰薬に配合される生薬成分として、誤っているものを1つ選びなさい。

    1. ゴオウ
    2. シャゼンソウ
    3. オウヒ
    4. セキサン
    5. オンジ

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問025】

    眠気を促す薬に関する次の記述の正誤について、正しい組合せを下欄から選びなさい。

    1. ブロモバレリル尿素等の鎮静成分を大量摂取したときの応急処置等は、高度な専門的判断を必要とする。
    2. 生薬成分のみからなる鎮静薬については、飲酒を避けることとはなっておらず、アルコールによって医薬品の効果が妨げられることはない。
    3. 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、慢性的に不眠症状がある人を対象とするものである。
    4. 神経の興奮・緊張緩和を期待して、ホップが配合されている医薬品がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)