人体の働きと医薬品【問026~030】

    登録販売者の試験問題について、鳥取,島根,岡山,広島,山口は出題内容が共通です。

    【問026】

    目に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 角膜と水晶体の間は、組織液(房水)で満たされ、角膜に一定の圧(眼圧)を生じさせている。
    2. 網膜には光を受容する細胞(視細胞)が密集していて、個々の視細胞は神経線維につながり、それが束になって眼球の後方で視神経となる。
    3. 強膜の充血では、白目の部分だけでなく眼瞼の裏側も赤くなる。
    4. 角膜に射し込んだ光は、角膜、房水、水晶体、硝子体を透過しながら屈折して網膜に 焦点を結ぶが、主に硝子体の厚みを変化させることによって、遠近の焦点調節が行われている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問027】

    鼻、耳に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、 傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。
    2. 鼻腔上部の粘膜にある特殊な神経細胞(嗅細胞)を、においの元となる物質 の分子(におい分子)が刺激すると、その刺激が脳の嗅覚中枢へ伝えられる。
    3. 耳介は、軟骨組織が皮膚で覆われたもので、外耳道の軟骨部に連なっている。
    4. 内耳は、平衡器官である蝸牛と、聴覚器官である前庭の2つの部分からなる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問028】

    皮膚に関する以下の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい 組み合わせはどれか。なお、2箇所の( a )内はいずれも同じ字句が入る。

    ( a )層は、細胞膜が丈夫な線維性のタンパク質(( b ))でできた板状の( a )細胞と、( c )(リン脂 質の一種)を主成分とする細胞間脂質で構成されており、皮膚のバリア機能を担っている。

    No a b c
    1 表皮 ケラチン エラスチン
    2 角質 ケラチン セラミド
    3 表皮 コラーゲン エラスチン
    4 角質 コラーゲン セラミド
    5 表皮 コラーゲン セラミド

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問029】

    筋組織に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 筋細胞(筋線維)とそれらをつなぐ結合組織からなる。
    2. 消化管壁、血管壁には、平滑筋が分布している。
    3. 不随意筋は、体性神経系に支配されている。
    4. 平滑筋は、横紋筋とも呼ばれる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問030】

    中枢神経系に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 脳と延髄から構成される。
    2. 脳の血管は、末梢に比べて物質の透過に関する選択性が低く、タンパク質などの大分子も血液中から脳の組織へ移行しやすい。
    3. 小児では、血液脳関門が未発達であるため、循環血液中に移行した医薬品の成分が脳の組織に達しやすい。
    4. 延髄は、多くの生体の機能を制御する部位であるが、複雑な機能の場合はさらに上位の脳の働きによって制御されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(b,c)
    3. 3.(c,d)
    4. 4.(a,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)