医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    登録販売者の試験問題について、福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄は出題内容が共通です。

    【問001】

    医薬品に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や 機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品であり、その有用性が認められたものである。
    2. 医薬品が人体に及ぼす作用は複雑、かつ、多岐に渡るが、そのすべてが解明されている。
    3. 医薬品は、製造販売業者による製品回収の措置がなされることがあるので、医薬品の販売を 行う者は、製造販売業者等からの情報に日頃から留意しておくことが重要である。
    4. 医薬品は、市販前にその有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっているため、 市販後に承認基準の見直しが行われることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問002】

    医薬品の副作用に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 世界保健機関(WHO)の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療 のため、又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」とされている。
    2. 医薬品の販売等に従事する専門家は、購入者等の副作用の発生を把握した場合、一般用医薬品 の情報提供を適切に行っていれば、副作用の状況にかかわらず、医療機関を受診するよう勧奨する必要はない。
    3. 副作用の重篤化を回避するためには、医薬品を使用する人が副作用をその初期段階で認識 することが重要となる。
    4. 副作用は、容易に異変を自覚できるものばかりでなく、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問003】

    一般用医薬品の販売に従事する専門家の対応に関する以下の記述の正誤について、正しい 組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 大柄で体格の良い10歳児が、小児用の解熱鎮痛薬を希望したが、体格から大人と同等と 判断して成人用の解熱鎮痛薬を使用するよう説明した。
    2. 小児は、肝臓や腎臓の機能が未発達であるため、医薬品成分の代謝や排泄に時間がかかり、 副作用がより強く出る場合があると説明した。
    3. 小児における用量の設定がない総合感冒薬を、7歳児に服用させるため、成人における用量の 半分を服用するように説明した。
    4. 乳幼児が薬を誤って目に入れてしまった場合は、応急処置等について関係機関の専門家に 相談し、又は様子がおかしいようであれば医療機関へ連れて行くなどの対応をするよう説明した。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問004】

    健康食品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

    1. 健康補助食品(いわゆるサプリメント)の中には、カプセル、錠剤等の医薬品と類似した 形状で発売されているものがある。
    2. 機能性表示食品には、疾病に罹患している者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する 旨を表示することができる。
    3. 健康食品は、安全性や効果を担保する科学的データの面では医薬品と同じだが、法的には 異なるものである。
    4. 健康食品は、一般的に健康増進や維持の助けとなる食品を指すものである。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,d)
    3. 3.(b,c)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問005】

    医薬品のリスク評価に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ 選びなさい。

    1. 動物実験では50%致死量(LD50)を求めることが可能であるので、薬物の有効性の指標 として用いられる。
    2. 治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する「無作用量」となり、「最小致 死量」を経て、「致死量」に至る。
    3. 医薬品毒性試験法ガイドラインに沿って、単回投与毒性試験や反復投与毒性試験などの 毒性試験が厳格に実施されている。
    4. ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準として、国際的に Good Laboratory Practice(GLP)が制定されている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)