主な医薬品とその作用【問031~035】

    【問031】

    口腔咽喉薬、うがい薬(含嗽薬)に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 用時水で希釈して使用するうがい薬は、調製した濃度が濃すぎても薄すぎても効果が十分得られない。
    2. アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、細菌等の微生物を死滅させたり、その増殖を抑えることを目的として用いられる。
    3. 噴射式の液剤は、息を吸いながら噴射すると気管支や肺に入ってしまうおそれがあるため、軽く息を吐いたり、声を出しながら噴射することが望ましい。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問032】

    胃の薬に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 制酸成分を主体とする胃腸薬については、酸度の高い食品と一緒に使用すると胃酸に対する中和作用が低下することが考えられる。
    2. 安中散、人参湯(理中丸)、平胃散、六君子湯は、いずれもカンゾウを含む。
    3. 健胃薬、消化薬は、医薬部外品として製造販売されているものもある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問033】

    胃の薬に配合される成分とその主な作用・目的に関する次のa~dの記述について、正しいものの組み合わせを下の1~5から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    (成分) (主な作用・目的)
    a 沈降炭酸カルシウム 中和反応によって胃酸の働きを弱める
    b ジメチルポリシロキサン 炭水化物、脂質、タンパク質、繊維質
    等の分解に働く酵素を補う
    c ウルソデオキシコール酸 消化管内容物中に発生した気泡の
    分離を促す
    d スクラルファート 胃粘膜を覆って胃液による消化から
    保護する

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(a,d)
    4. 4.(b,c)
    5. 5.(b,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問034】

    腸の薬に関する次の1~5の記述について、誤っているものを一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. 次没食子酸ビスマスは、腸粘膜のタンパク質と結合して不溶性の膜を形成し、腸粘膜を ひきしめる(収斂)ことにより、腸粘膜を保護することを目的として用いられる。
    2. ジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)は、腸内容物に水分が浸透しやすくする作用 があり、糞便中の水分量を増して柔らかくすることによる瀉下作用を期待して用いられる。
    3. 瀉下薬については、相乗効果が得られるため、複数の瀉下薬を併用することが望ましい。
    4. ベルベリン塩化物は、細菌感染による下痢の症状を鎮めることを目的として用いられる。
    5. 収斂成分を主体とする止瀉薬については、細菌性の下痢や食中毒のときに使用して腸の 運動を鎮めると、かえって状態を悪化させるおそれがある。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問035】

    胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される成分に関する次のa~cの記述の正誤について、正しい組み合わせを下表から一つ選び、その番号を解答用紙に記入しなさい。

    1. ロートエキスは、吸収された成分の一部が母乳中に移行して乳児の脈が速くなる(頻脈)おそれ があるため、母乳を与える女性では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避ける必要がある。
    2. オキセサゼインは、胃腸鎮痛鎮痙薬と制酸薬の両方の目的で使用される。
    3. エンゴサク(ケシ科のエンゴサクの塊茎)は、鎮痛鎮痙作用を期待して用いられる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)