人体の働きと医薬品【問031~035】

    【問031】

    筋組織に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 筋組織は、筋細胞と結合組織からできている。
    2. 筋組織は、その機能や形態によって、骨格筋、平滑筋、心筋に分類され、このうち骨格筋は運動器官とされている。
    3. 平滑筋は、随意筋である。
    4. 骨格筋の筋線維を顕微鏡で観察すると横縞模様が見える。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問032】

    医薬品の吸収・代謝・排泄に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 肝臓の機能が低下した人では、正常な人に比べて医薬品の効き目が過剰に現れることがある。
    2. 鼻腔粘膜を介して吸収された薬物は、初めに肝臓で代謝を受けることなく、全身に分布する。
    3. 医薬品の成分によっては、未変化体又は代謝物として、腎臓から尿中へ、肝臓から胆汁中へ、又は肺から呼気中へ排出される。
    4. 循環血液中に移行した医薬品成分は、体内を循環するうちに徐々に代謝を受けて、体外へ排泄 されやすい脂溶性の物質に変化する。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問033】

    医薬品の吸収に関する記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 内服薬のうち、錠剤、カプセル剤等の固形剤は、腸溶性製剤のような特殊なものを除き、胃で有効成分が溶出するものが大部分である。
    2. 点眼薬は、鼻涙管を通って鼻粘膜から吸収されることがあるため、眼以外の部位に到達して副作用を起こすことがある。
    3. 坐剤は、内服の場合よりも全身作用がゆっくり現れる。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問034】

    皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)及び中毒性表皮壊死融解症(TEN)に関する 記述の正誤について、正しい組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症のいずれもが、発生は非常にまれであるとはいえ、一旦 発症すると多臓器障害の合併症等により致命的な転帰をたどることがある。
    2. 中毒性表皮壊死融解症の症例の多くは、皮膚粘膜眼症候群の進展型とみられている。
    3. 皮膚粘膜眼症候群は、38℃以上の高熱を伴って、発疹・発赤、火傷様の水疱等の激しい症状が 比較的短時間のうちに全身の皮膚、口、眼等の粘膜に現れる。
    4. 皮膚粘膜眼症候群及び中毒性表皮壊死融解症はいずれも、発症機序が解明されており、発症を予測することは可能となっている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問035】

    皮膚に現れる副作用に関する記述のうち、正しいものの組み合わせを1つ選びなさい。

    1. 接触皮膚炎は、いわゆる「肌に合わない」という状態であり、同じ医薬品が触れても発症するか否かはその人の体質によって異なる。
    2. 接触皮膚炎の症状が現れたときは、重篤な病態への進行を防止するため、原因と考えられる医薬品の使用を中止する。
    3. 光線過敏症が現れた場合は、原因と考えられる医薬品の使用を中止し、患部は洗浄せずそのままの 状態で、白い生地や薄手の服で遮光し、速やかに医師の治療を受ける必要がある。
    4. 以前、薬疹を経験したことがある人は、再度同種の医薬品を使用しても、副作用を生じることはない。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)