主な医薬品とその作用【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問031】

    鎮咳去痰薬に用いられる成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ジヒドロコデインリン酸塩は、妊娠中に摂取された場合、吸収された成分の一部が血液-胎盤関門を通過して胎児へ移行する。
    2. ノスカピンは、心臓刺激作用を示し、副作用として動悸が現れることがある。
    3. セネガは、糖尿病の検査値に影響を生じることがあり、1日最大配合量がセネガ原生薬として1.2g以上を含有する製品では、使用上の注意において成分および分量に関連する注意として記載されている。
    4. チペピジンクエン酸塩は、アドレナリン作動成分で、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問032】

    口腔咽喉薬およびうがい薬(含嗽薬)に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 口腔咽喉薬は、口腔内や咽頭における局所的な作用を目的とする医薬品であり、全身的な影響を生じることはない。
    2. ドロップ剤は、有効成分が口腔内や咽頭部に行き渡るよう、噛み砕いてから飲み込むようにする。
    3. 噴射式の液剤では、息を吸いながら噴射するようにする。
    4. 含嗽薬は、水で用時希釈又は溶解して使用するものが多いが、調製した濃度が濃すぎても 薄すぎても効果が十分得られない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問033】

    胃の薬に配合される成分に関する記述について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. ゲファルナートは、中和反応によって胃酸の働きを弱めることを目的として用いられる。
    2. ケイヒは、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
    3. デヒドロコール酸は、胆汁の分泌を促す作用があるとされ、消化を助ける効果を期待して用いられる。
    4. ジメチルポリシロキサンは、消化管内容物中に発生した気泡の分離を促すことを目的として用いられる。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問034】

    一般用医薬品の腸の薬に用いられる成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. ヒマシ油は、腸内容物の急速な排除を目的として用いられ、急激で強い瀉下作用を示すため、小児には使用しないこととされている。
    2. タンニン酸アルブミンは、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることがある。
    3. ロペラミド塩酸塩が配合された止瀉薬は、吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが 知られており、母乳を与える女性では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避けるべきである。
    4. マルツエキスは、腸内細菌によって分解して生じるガスによって便通を促すとされており、比較的作用が穏やかなため、主に乳幼児の便秘に用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問035】

    浣腸薬および坐剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 肛門や直腸の粘膜に損傷があり出血しているときに、ソルビトールが配合された浣腸薬を 使用すると、赤血球の破壊(溶血)を引き起こすおそれがある。
    2. グリセリンが配合された浣腸薬では、排便時に血圧低下を生じて、立ちくらみの症状が現れるとの報告がある。
    3. 炭酸水素ナトリウムは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する作用を期待して用いられる。
    4. 浣腸薬は、便秘のとき以外にも、直腸内容物の排除を目的として用いられる。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)