主な医薬品とその作用【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、福井,滋賀,京都,兵庫,和歌山は出題内容が共通です。

    【問021】

    かぜおよびかぜ薬(総合感冒薬)に関する記述の正誤について、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. かぜ薬は、ウイルスの増殖を抑え、体内から取り除くものである。
    2. かぜは単一の疾患ではなく、医学的にはかぜ症候群といい、主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称である。
    3. インフルエンザは、かぜと同様、ウイルスの呼吸器感染によるものであり、感染力は強いが重症化することはない。
    4. かぜのときは、症状に関わらず、かぜ薬を選択するのが最適である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問022】

    かぜ薬に配合される成分とその配合目的の組み合わせについて、誤っているものはどれか。

    No (成分) (配合目的)
    1 ブロムヘキシン塩酸塩 痰の切れを良くする。
    2 ブロメライン くしゃみや鼻汁を抑える。
    3 ノスカピン 咳を抑える。
    4 サリチルアミド 発熱を鎮め、痛みを和らげる。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問023】

    かぜ薬に用いられる成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. アセトアミノフェンは、小児で水痘(水疱瘡)又はインフルエンザにかかっているときは使用することができない。
    2. グリチルリチン酸二カリウムは、大量に摂取すると、偽アルドステロン症を生じるおそれがある。
    3. セミアルカリプロティナーゼは、血液凝固異常のある人では出血傾向を悪化させるおそれがある。
    4. トラネキサム酸は、体内での起炎物質の産生を抑制することで炎症の発生を抑え、腫れを和らげる働きがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問024】

    かぜの症状の緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 小青竜湯は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症を生じることが知られている。
    2. 半夏厚朴湯については、インターフェロン製剤で治療を受けている人では、間質性肺炎の副作用が 現れるおそれが高まるため、使用を避ける必要がある。
    3. 麻黄湯は、体力充実して、かぜのひきはじめで、寒気がして発熱、頭痛があり、咳が出て身体 のふしぶしが痛く汗が出ていないものの感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまりに適すとされている。
    4. 桂枝湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、 頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問025】

    一般用医薬品における、次の解熱鎮痛成分とその特徴について、正しいものの組み合わせはどれか。

    (成分) (特徴)
    a アセトアミノフェン 主として中枢作用によって解熱・鎮痛を
    もたらすため、末梢における抗炎症作用
    は期待できない。
    b エテンザミド 他の解熱鎮痛成分とくらべ、痛みが神経
    を伝わっていくのを抑える働きが強い。
    c イブプロフェン 専ら小児の解熱に用いるための坐薬に
    配合されることがある。
    d アスピリン アレルギー症状として、
    ピリン疹が知られている。

    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)