人体の働きと医薬品【問036~040】

    登録販売者の試験問題について、東京,神奈川,埼玉,千葉は出題内容が共通です。

    【問036】

    医薬品の副作用として現れる肝機能障害に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 主な症状は、全身の倦怠感、黄疸、発熱、発疹、皮膚の掻痒感、吐きけ等である。
    2. 黄疸は、ビリルビン(黄色色素)が血液中へ排出されず、胆汁中に滞留することにより生じる。
    3. 医薬品の副作用として現れる肝機能障害は、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものに限定される。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問037】

    医薬品の副作用として現れる消化性潰瘍及びイレウス様症状に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 消化性潰瘍では、胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐きけ、胃痛、空腹時にみぞおちが痛くなる、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。
    2. 消化性潰瘍では、自覚症状が乏しい場合もあり、貧血症状(動悸や息切れ等)の検査時や突然の吐血・下血によって発見されることもある。
    3. イレウス様症状は、小児や高齢者のほか、普段から下痢傾向のある人に発症のリスクが高い。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問038】

    医薬品の副作用として現れる間質性肺炎に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 間質性肺炎は、肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたものである。
    2. 間質性肺炎は、通常、原因となる医薬品の使用開始から1~2日間程度で発症する。
    3. 間質性肺炎の症状は、かぜや気管支炎の症状との区別が難しいこともある。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問039】

    医薬品の副作用として現れる喘息に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

    1. 合併症を起こさない限り、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば症状は寛解する。
    2. 内服薬だけでなく、坐薬や外用薬でも誘発されることがある。
    3. 原因となる医薬品を使用後、一般に1~2週間程度で起きることが多い。
    No a b c
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問040】

    眼に現れる医薬品の副作用に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組合せはどれか。なお、2箇所の( b )内にはどちらも同じ字句が入る。

    抗コリン作用を有する( a )を配合した医薬品を使用した場合、眼圧が( b )し、眼痛や眼の充血に加え、急激な 視力低下を来すことがある。特に( c )がある人では厳重な注意が必要である。眼圧の( b )に伴って、頭痛や 吐きけ・嘔吐等の症状が現れることもあり、長時間放置すると、不可逆的な視覚障害を起こすことがある。

    No a b c
    1 フルスルチアミン塩酸塩 上昇 緑内障
    2 フルスルチアミン塩酸塩 下降 白内障
    3 ブチルスコポラミン臭化物 上昇 白内障
    4 ブチルスコポラミン臭化物 下降 緑内障
    5 ブチルスコポラミン臭化物 上昇 緑内障

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)