医薬品に共通する特性と基本的な知識【問031~035】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問031】

    小児の医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 血液脳関門が未発達であるため、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こしやすい。
    2. 小児は大人と比べて身体の大きさに対して腸が長いが、服用した医薬品の吸収率は相対的に低い。
    3. 肝臓や腎臓の機能が未発達であるため、医薬品の成分の代謝・排泄に時間がかかり、副作用が より強く出ることがある。
    4. 医薬品によっては、形状等が小児向けに作られていないため小児に対して使用しないことなどの注意を促している場合がある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問032】

    高齢者の医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として65 歳以上を「高齢者」としている。
    2. 飲み忘れを起こしやすい傾向があり、家族の理解や協力を含めた配慮が重要となることがある。
    3. 喉の筋肉が衰えて飲食物を飲み込む力が弱まっている場合があり、内服薬を服用する際に喉に詰まらせやすい。
    4. 基礎疾患を抱えている場合が多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の症状を悪化させてしまうことがある。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問033】

    妊娠又は妊娠していると思われる女性もしくは母乳を与える女性(授乳婦)に関する次の記述の 正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 胎盤には、胎児の血液と母体の血液とが混ざり合う仕組みがある。
    2. 便秘薬には、配合成分やその用量によっては流産や早産を誘発するおそれがあるものがある。
    3. 医薬品の種類によっては、授乳婦が使用した医薬品の成分の一部が乳汁中に移行することが知られている。
    4. ビタミンA含有製剤は、妊娠前後の一定期間に通常の用量を超えて摂取すると胎児に先天異常を起こす危険性が高まるとされている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    【問034】

    プラセボ効果に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. プラセボ効果は、条件付けによる生体反応によってのみ起こる。
    2. プラセボ効果は不確実であり、それを目的として医薬品が使用されるべきではない。
    3. プラセボ効果によってもたらされる反応や変化には、不都合なもの(副作用)はない。
    4. プラセボ効果は、医薬品を使用したとき、結果的又は偶発的に薬理作用によらない作用を生じることをいう。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問035】

    一般用医薬品の役割に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    近年、急速な( a )の進展や生活習慣病の増加など疾病構造の変化、( b )の向上への要請等に伴い、自分自身 の健康に対する関心が高い生活者が多くなっている。そのような中で、専門家による適切なアドバイスの下、一般用医薬品 を利用する「( c )」の考え方がみられるようになってきている。

    No a b c
    1 高齢化 QOL セルフメディケーション
    2 少子化 GCP セルフメディケーション
    3 高齢化 GCP セルフメディケーション
    4 少子化 GCP リスクコミュニケーション
    5 高齢化 QOL リスクコミュニケーション

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は1番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)