医薬品に共通する特性と基本的な知識【問026~030】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問026】

    医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品が人体に及ぼす作用は、すべてが解明されているわけではない。
    2. 医薬品は、十分注意して適正に使用すれば、副作用が生じることはない。
    3. 副作用は、血液や内臓機能への影響のように、直ちに明確な自覚症状として現れないこともある。
    4. 一般用医薬品の使用においては、通常は、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問027】

    医薬品の不適正な使用と有害事象に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 「薬はよく効けばよい」と短絡的に考えて、定められた用量を超える量を服用すると、有害事象につながる危険性が高い。
    2. 選択された医薬品が適切ではなく、症状が改善しないまま使用し続けている場合、適切な治療の機会を失うことがある。
    3. 小児への使用を避けるべき医薬品であっても、大人の用量の半分以下であれば、服用させても有害事象にはつながらない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問028】

    薬物依存に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    薬物依存とは、ある薬物の( a )作用を体験するために、その薬物を連続的、あるいは( b )に 摂取することへの強迫(欲求)を常に伴っている行動等によって特徴づけられる精神的・身体的な状態のことである。

    No a b
    1 身体的な 一時的
    2 身体的な 周期的
    3 精神的な 一時的
    4 精神的な 周期的

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問029】

    医薬品と酒類(アルコール)に関する次の記述について、(  )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

    酒類をよく摂取する者では、( a )の代謝機能が( b )場合があるため、アセトアミノフェンは、通常よりも( c )ことがある。

    No a b c
    1 肝臓 高まっている 体内に長くとどまる
    2 肝臓 低下している 体内から速く消失する
    3 肝臓 高まっている 体内から速く消失する
    4 腎臓 低下している 体内から速く消失する
    5 腎臓 高まっている 体内に長くとどまる

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問030】

    医薬品の相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 外用薬は、食品によって作用や代謝に影響を受けない。
    2. 複数の疾病を有する人では、疾病ごとにそれぞれ医薬品が使用されるため、注意が必要である。
    3. 食品中に含まれるカフェインやビタミンAは微量であるため、それらを含む医薬品を一緒に服用しても過剰摂取にならない。
    No a b c
    1
    2
    3
    4

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)