医薬品に共通する特性と基本的な知識【問021~025】

    登録販売者の試験問題について、茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野は出題内容が共通です。

    【問021】

    医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品は、人体に対して使用されないものは含まれない。
    2. 医薬品は必ず期待される有益な効果(薬効)のみをもたらすものである。
    3. 一般用医薬品には、添付文書や製品表示に、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が記載されている。
    4. 一般用医薬品は、効能効果や副作用等について誤解を生じることもあるため、専門家が専門用語 を分かりやすい表現で伝えることが必要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問022】

    医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 一般用医薬品の保健衛生上のリスクは医療用医薬品と同等である。
    2. 医薬品は、知見の積み重ねによって、随時新たな情報が付加されるものである。
    3. 医療用医薬品は、市販後にも、その有効性、安全性等の確認が行われる仕組みになっているが、 一般用医薬品にはその仕組みはない。
    4. 医薬品は、製造販売業者による製品回収等の措置がなされることもあるので、製造販売業者等からの 情報に日頃から留意しておくことが重要である。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問023】

    医薬品のリスク評価に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 医薬品は、治療量上限を超えると、効果よりも有害反応が強く発現する。
    2. 医薬品は、少量の投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合がある。
    3. 動物実験では50%致死量(LD50)を求めることが可能であるので、薬物の毒性の指標として用いられる。
    4. 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との和で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は4番です

    【問024】

    健康食品に関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 栄養機能食品は、各種ビタミン、ミネラルに対して栄養機能の表示をすることができる。
    2. 医薬品を扱う者は、いわゆる健康食品は医薬品とは異なるものであることを認識し、消費者に指導・説明を行わなくてはならない。
    3. 健康補助食品は健康増進等を目的として広く国民に使用されるようになったが、誤った使用法により 健康被害を生じた例も報告されている。
    4. 機能性表示食品は、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病 リスクの低減に係るものを除く。)を表示するものである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問025】

    アレルギーに関する次の記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 内服薬だけでなく外用薬等でも引き起こされることがある。
    2. 近い親族にアレルギー体質の人がいる場合は、注意が必要である。
    3. 医薬品の添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)とはならない。
    4. 医薬品にアレルギーを起こしたことがない人は、病気等に対する抵抗力が低下している状 態でも、アレルギーを生じることはない。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)