医薬品に共通する特性と基本的な知識【問001~005】

    登録販売者の試験問題について、愛知,三重,静岡,岐阜,石川,富山は出題内容が共通です。

    【問001】

    医薬品の本質に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

    1. 医薬品は、多くの場合、人体に取り込まれて作用し、効果を発現させるものである。
    2. 医薬品は、人体にとっては異物(外来物)である。
    3. 医薬品が人体に及ぼす作用は複雑、かつ、多岐に渡るが、そのすべてが解明されている。
    4. 医薬品は、知見の積み重ねによって、有効性、安全性等に関する情報が集積されており、随時新たな 情報が付加されるものである。

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問002】

    医薬品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に 影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品である。
    2. 医薬品は、市販後にも、医学・薬学等の新たな知見、使用成績等に基づき、その有効性、安全性等 の確認が行われるが、承認基準が見直されることはない。
    3. 医療用医薬品と比較すればリスクは相対的に低いと考えられる一般用医薬品であっても、科学的な 根拠に基づく適切な理解や判断によって適正な使用が図られる必要がある。
    4. 医薬品は、医薬品医療機器等法により、健康被害の発生の可能性の有無にかかわらず、異物等の混入、変質等があってはならない旨が定められている。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    【問003】

    医薬品のリスク評価に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

    1. 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量の和で表現される用量‐反応関係に基づいて評価される。
    2. 少量の投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合がある。
    3. 医薬品には、食品と同程度の安全性基準が要求される。
    4. ヒトを対象とした臨床試験における効果と安全性の評価基準には、国際的にGood Clinical Practice(GCP)が制定されている。
    1. 1.(a,b)
    2. 2.(a,c)
    3. 3.(b,d)
    4. 4.(c,d)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は3番です

    【問004】

    健康食品に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

    1. 栄養機能食品については、各種ビタミン、ミネラルに対して栄養機能の表示ができる。
    2. 特定保健用食品は、特定の保健機能の表示をすることができる。
    3. 健康補助食品(いわゆるサプリメント)については、誤った使用法により健康被害を生じた例の報告はない。
    4. 機能性表示食品は、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病リス クの低減に係るものを除く。)を表示するものである。
    No a b c d
    1
    2
    3
    4
    5

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は2番です

    【問005】

    第1欄の記述は、医薬品の副作用の定義に関するものである。(  )の中に入れるべき字句は第2欄のどれか。

    第1欄
    (  )の定義によれば、医薬品の副作用とは、「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化 するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」とされている。

    第2欄

    1. 国際連合教育科学文化機関(UNESCO)
    2. 医薬品医療機器等法
    3. 独立行政法人医薬品医療機器総合機構法
    4. 世界貿易機関(WTO)
    5. 世界保健機関(WHO)

    ※登録販売者 平成28年出題地域試験問題より引用

    正解は5番です

    もっと力をつけたい方は・・・
    コチラ → 無料WEB問題集(現役薬剤師の解説付き!)